オーストラリア政府、中国からの渡航者に対する入国制限を実施(オーストラリア)

世界保健機関(WHO)アフリカ地域事務局は11月19日、感染の急拡大に備えて、アフリカ諸国に対し厳戒態勢を敷くよう呼びかけました。 7月13日 : 国外から空港に到着する渡航者の受け入れ人数を制限 オーストラリアでは3月より国外からの渡航者に対し入国制限を施行しています。 この往来はビジネストラックと呼ばれる仕組みにもとづくもので、外務省によれば、交渉段階では中国側の要望が強かったということです。

14

新型コロナウイルス関連情報

。 ・屋内会場(パブ,レストラン,各種式場等)での人数上限は撤廃 され,4平方メートル規則のみとなります(全ての場所において着席が必要)。

11

【12月4日更新】オーストラリアの新型コロナウイルスと入国制限 最新情報

ソウル市内の規制 ソウル市では新型コロナウイルス感染拡大防止のため、11月24日から、不必要な移動を最小化し、市民の早い帰宅を誘導する「1,000万市民の緊急(移動)ストップ期間」が施行されました。

19

オーストラリアの税関規制品目:申告内容について

ただし、入国の5日後以降にPCR検査を受け、「陰性/検出されず」の結果が出れば、行動制限期間は終了となる ・部例外を除き原則14日間の行動制限が要請される ・「赤」及び「灰」の地域からの入国者は、入国の5日後以降にPCR検査を受け、「陰性/検出されず」の結果が出れば、行動制限期間は終了となる(2020年11月29日~) Armenia 感染者(135,967) 死亡者(2,193) 【入国制限】 ・ ・ Azerbaijian 感染者(95,281) 死亡者(1,160) 【入国制限】 ・ 【ビザ申請】 ・ ・ Albania 感染者(39,014) 死亡者(822) ・ Andorra 感染者(5,725) 死亡者(75) ・ Italy 感染者(1,620,901) 死亡者(56,361) 【入国制限】 ・ 【リストA】 サンマリノ共和国、バチカン市国 【リストB】 オーストリア、ブルガリア、キプロス、クロアチア、デンマーク(フェロー諸島及びグリーンランドを含む)、エストニア、フィンランド、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、ポーランド、ポルトガル(アソーレス諸島及びマデイラ諸島を含む)、スロバキア、スロベニア、スウェーデン、ハンガリー、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー(スヴァールバル諸島及びヤンマイエン島を含む)、スイス、アンドラ、モナコ公国 【リストC】 ベルギー、フランス(グアドループ、マルティニーク、ギアナ、レユニオン、マイヨットを含み、ヨーロッパ大陸外のその他の領土を除く)、オランダ(ヨーロッパ大陸外の領土は除く)、チェコ共和国、スペイン(アフリカ大陸の領土を含む)、英国(チャンネル諸島、ジブラルタル、マン島並びにキプロス島内の英国主権基地領域を含み、ヨーロッパ大陸外の領土は除く) 【リストD】 オーストラリア、カナダ、ジョージア、日本、ニュージーランド、ルーマニア、ルワンダ、韓国、タイ、チュニジア、ウルグアイ 【リストE】 他のリストに明記されていない全ての国・地域 【リストF】 2020年7月9日から:アルメニア、バーレーン、バングラデシュ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブラジル、チリ、クウェート、北マケドニア、モルドバ、オマーン、パナマ、ペルー、ドミニカ共和国、2020年7月16日から:コソボ、モンテネグロ、2020年8月13日から:コロンビア 【検疫】 ・リストB、C、D、E、Fに記載された国・地域から入国する者は、イタリア国内での滞在期間に関わらず、(イタリアへの入国のための)公共交通機関に乗る際、運行者あるいはコントロールを担う者に対し、確認事項を明確かつ詳細に記した宣誓書を提出する義務がある ・ a 搭乗の際は乗務員、及び取締りを担当する者に対し、イタリア入国の72時間以内にスワブ検体による、分子検査(PCR検査)又は抗原検査の陰性結果を提示する義務。 ニューサウスウェールズ州・ノーザンテリトリー 北部準州 ・南オーストラリア州・タスマニア州においてはニュージーランドからの渡航者の受け入れを再開し、入州後の自己隔離を免除しました。 3月20日午後9時より入国禁止措置が実施されますが、オーストラリア国民、永住者や配偶者および扶養者、法定後見人を含む直近の家族は対象外となります。

新型コロナウイルス 各国の入国制限に関する一覧(2020年12月04日09:00時点)

<パース・成田線> 2021年1月31日(日)発の便まで運休される予定です。

18

オーストラリア・シドニーへの入国制限、緩和情報まとめ【2020年8月最新情報】

必ず1. 渡航後14日間の自主隔離は不要。 (3)海外の信頼ある医療機関から発行されたPCR検査の陰性証明を提出しない限り、乗客の搭乗は認められない。

7

日本など9カ国からの入国者、自宅での隔離可能に(シンガポール)

・レベル3の 旅行者向け健康情報が出ている地域を含むCOVID-19のリスクが高い地域等に滞在すること ・結婚式、葬式、またはパーティーなど大規模な社会的集会に参加 ・スポーツイベント、コンサート、パレードなどの集まりに出席 ・レストラン、バー、空港、バスおよび電車の駅、映画館などの混雑している場所にいく ・クルーズ船、または川船で旅行 日本の旅行者向け健康情報(Travelers' Health) (ハワイ) ・ ・ Aruba 感染者(4,524) 死亡者(38) ・居住者を含め全ての渡航者は入国不可、出国は可能 Anguilla 感染者(6) 死亡者(0) ・すべての空港を閉鎖(~2020年4月20日) Antigua and Barbuda 感染者(142) 死亡者(4) ・ ・ ・ ・ ・ United States Virgin Islands 感染者(1,521) 死亡者(23) British Virgin Islands 感染者(73) 死亡者(1) El Salvador 感染者(39,130) 死亡者(1,120) 【入国制限】 ・ ・ ・ Canada 感染者(378,139) 死亡者(12,130) 【入国制限】 ・ ・ ・ ・ 【航空会社の運航状況】 カナダ)新型コロナウイルス感染拡大に伴う航空会社の運航状況 ・ 【検疫】 ・ ・ Curacao 感染者(1,773) 死亡者(3) Cuba 感染者(8,026) 死亡者(133) ・ ・ Guadeloupe 感染者(8,427) 死亡者(149) Guatemala 感染者(122,774) 死亡者(4,178) 【入国制限】 ・ ・ 【検疫】 ・ ・ ・ Grenada 感染者(41) 死亡者(0) ・ Cayman Islands 感染者(205) 死亡者(1) Costa Rica 感染者(139,638) 死亡者(1,726) 【入国制限】 ・ 【検疫】 ・ (1)PCR検査を受け,旅行開始前48時間以内に,陰性結果が出たことを証明するものを所持していること (2)コスタリカ社会保険庁(CCSS)が定める検疫申告書を渡航前に提出すること (3)コロナウィルス感染が確認された場合の隔離期間に要する宿泊費及び治療費をカバーする旅行保険に加入していること Saint Pierre and Miquelon 感染者(4) 死亡者(0) Jamaica 感染者(10,488) 死亡者(247) 【入国制限】 ・ 【検疫】 ・ Sint Maarten 感染者(263) 死亡者(17) ・ Bonaire,Sint Eustatius and Saba 感染者(13) 死亡者(0) Saint Kitts and Nevis 感染者(22) 死亡者(0) ・ ・ ・ Saint Vincent and the Grenadines 感染者(85) 死亡者(0) ・ ・ Saint Lucia 感染者(261) 死亡者(2) ・ ・ Turks and Caicos Islands 感染者(746) 死亡者(6) Trinidad and Tobago 感染者(6,685) 死亡者(120) ・ Dominica 感染者(85) 死亡者(0) ・ Dominican Republic 感染者(139,664) 死亡者(2,315) 【入国制限】 ・ 【検疫】 ・ Nicaragua 感染者(4,671) 死亡者(161) ・ ・ ・ Haiti 感染者(9,248) 死亡者(232) ・ Bahamas 感染者(7,469) 死亡者(163) 【入国制限】 ・ 【検疫】 ・ Barbados 感染者(190) 死亡者(7) ・入国する全ての渡航者は、政府施設において14日間の義務的隔離 Panama 感染者(165,806) 死亡者(3,079) 【入国制限】 ・ 【検疫】 ・ 到着時に陰性証明書を携帯していない者については、入国手続き前に自費負担による検査を受けなければならない。