『一富士二鷹三茄子』読み方や意味は?続きの『四扇五煙草六座頭』は?

後年「曾我物語」として文芸化され有名になった。

駒込は初夢縁起物の地だった?「一富士 二鷹 三茄子」とは

民間にて売るものは、七福神或いは宝尽等を描く と記されています。 実りの良さから子孫繁栄も意味するそうですよ。 明治時代以降は、栽培されることもほとんどなくなった折戸茄子。

一富士二鷹三茄子

駿河国の名物を順に挙げたとする説 最も有力なのが、駿河国の名物を並べたという説。 一富士二鷹三茄子、富士山と鷹と茄子を全部いっぺんに初夢で見ると縁起がよい、という意味ではありません。

3

ことわざ「一富士 二鷹 三茄子」の意味と使い方:例文付き

「三茄子」の茄子は三保で生産の「折戸なす」 ではでは最後の「三茄子」の茄子(ナスビ)は、何なのかといえば、当時、三保半島で栽培されていた折戸茄子。 表すとしたら「Dreams of Mt. 「富士二鷹三茄子四扇五多波姑六座頭」の形が広く使われたわけではなく、後に四以下を付け加えたと考えられています。 領地争いで父・河津祐泰 かわずすけやす が工藤祐経 くどうすけつね に殺され、母の再婚先の曽我家で育つ。

駒込は初夢縁起物の地だった?「一富士 二鷹 三茄子」とは

四(しおうぎ、しせん、よんせん)、五(ごたばこ)、六(ろくざとう) に記載があり、同内容を挙げた辞典類の多くはこれを出典としている。 例: 四葬式、五雪隠 や 四葬式、五火事 など 葬式や火事は、縁起が良いとは言い難いですね。 では、なぜそう言われているのでしょうか、一富士二鷹三茄子の由来にも諸説あります。

8

『初夢』一富士二鷹三茄子の意味と由来。続きがあるって本当?

富士と「扇」は末広がりのため子孫繁栄や商売繁盛を意味し、「鷹」と「煙草」はいずれも煙が上昇していくことから運気が上昇するという意味。 「鍵屋の辻の決闘」とは、寛永11(1634)年11月7日、渡辺数馬と荒木又右衛門が、数馬の弟の仇である河合又五郎を伊賀国上野の鍵屋の辻(現・三重県伊賀市)で討った事件で、「伊賀越の仇討ち」とも言う。 でも、伊賀上野はナスの名産地とはいえませんし、このことわざが江戸時代のかなり早い時期から言われていたことから、仇討由来説は当たらないでし ょう。

16