専門店の「ガパオ」のレシピ。本格エスニックがおうちで再現できる!

それに合わせて、タイ料理専門店の数も増えてきて、かなりメジャーな存在になりましたよね! ガパオライスも含め、タイ料理の人気がうかがえます。 市販のミンチ肉を使うよりジューシーで食感が良く仕上がります。

2

^ T)

ピリ辛春雨サラダは、ほんのり辛くて甘酸っぱい味わい。 有名な「トムヤムクン」も「トム」=煮込む、「ヤム」=まぜる、「クン」=海老というように、「海老の混ぜ煮込み」というような料理名になっています。

3

^ T)

しかも、本場タイの路上販売や移動販売車で購入した際、 値段は日本円でいう 100 ~150 円程度! とても安くて身近な料理で、まさに日本でいうカレーなんだなという感じがします! 少し前まで、日本でガパオライスを食べれる場所はタイ料理専門店しかありませんでしたが、最近ではカフェのごはんメニューにあったり、コンビニなどでも取り扱われるようになりました。 タイの民芸品や家具がふんだんに置かれた、異国情緒たっぷりの店内。 料理として出される「ガパオライス」には、バジルと、肉類 鶏肉もしくは豚肉 を炒めたものとご飯が、一皿で出てきます。

15

セブン『ガパオ風ライス(鶏ひき肉のバジル炒め)』食べてみた│とりぷるセブン

おおらかに行きましょう。

18

ガパオライスの正しい食べ方

鶏肉とバジル、ピーマンや玉ねぎ、パプリカなどを炒め合わせる• 卵……1個• ただ、ふつうに美味しいんだけど、タイ料理専門店や本場のガパオライスを食べ知っているのなら、今ひとつ味のパンチが弱いイメージかも。

1

^ T)

例えばトムヤムクンは、 「トム(=煮込む)」 「ヤム(=混ぜる)」 「クン(=エビ)」 で、「トムヤムクン(=エビの混ぜ煮込み)」というようになります。 目玉焼きを乗せて食べるのが一般的なようです。

20