波長222nmの紫外線は新型コロナウイルス対策に有効。人体への安全性も立証済み

紫外線ランプがコロナウイルスを殺菌!?遠紫外線C波が無害で有効! 新型コロナウイルス対策として注目を集めている「遠紫外線C波」による最新型の紫外線(UV)ランプ。 このUVランプ開発も元来は日本のメーカーだが、用途開発はアメリカか。 人が密集する場所、密閉空間でも使用可能との事だから、もしこれが有効だったら、ライブや舞台も今後、大きな安心材料になるよね… どうか、人類の英知がこの厄介なウイルスに勝利しますように… — 📎つぶやきおハミ syoupchan (ツイッターより引用) また人体への影響についても徹底して研究しているそうで、現在はマウスを使って検証中みたいですが、現時点では動物や人には無害であることが判明しているそうです。

波長222nmの紫外線は新型コロナウイルス対策に有効。人体への安全性も立証済み

その技術とは、波長が222nmの紫外線によるウイルスや細菌の不活化(感染力や毒性の消失)である。 4mとします。

10

紫外線LEDで新型コロナウィルスに挑む…産学連携で効果検証|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

コロナウイルス(CoV は空気を介した感染、airborne infection を起こします。 今回、紫外線について調べたことで、太陽光にもウィルスの消毒作用があることが分かりました。 お時間があればご一読ください。

20

コロナウィルス対策に有効な紫外線ライトって知ってる?

紫外線(UV)消毒は有効か? 先ほど、新型コロナウィルスは『エンベロープウィルス』であるとお伝えしましたが、ウィルス学の観点からもう少し正確に分類すると『プラス鎖一本鎖のRNAをウイルスゲノムとして有するエンベロープウイルス』となります。 これに対し、8月26日に発表された件の装置に用いられるのは、人体に優しい波長222ナノメートルの紫外線。

11

コロナ不活化、人体にも安全 進化する紫外線(UV

この試験ではベルトコンベアで流れてくる製品を殺菌することを想定していたため照射時間が2. 222nm紫外線は、「数分の照射でウイルス・細菌をほぼ不活化」「人体に照射しても影響がほとんどない」という夢のような性質を兼ね備えているのだ。 ウシオ電機が開発した殺菌用光源「Care222」が実現させた技術で、こちらは有人環境での使用も可能となる。

殺菌! コロナ共存時代“深紫外線LED”という選択肢 <株探トップ特集>

背に腹は代えられないと、高額でも購入してしまう人もいますが、個人的にはあまり気が進みません。 そこで、紫外線を細菌に照射すれば、細菌細胞内のDNAに作用して、水和現象、ダイマー形成、分解などの光化学反応をひき起こし、その結果、菌類が死滅に至るものと考えられています。 じきに、その結果もでるのではないか。

5

紫外線ランプがコロナウイルスを殺菌!?遠紫外線C波が無害で有効!

華中科技大学同済医学院附属同済病院感染科副主任医師の馬科氏は取材に対し、「紫外線ライトがある場合、人のいない部屋で毎日1回、毎回1時間以上照射すれば消毒効果を発揮できる。 「私達は、この商品を『UVライティング』というコンセプトで展開していく予定です。

1

紫外線LED(蛍光灯)でコロナを殺菌?対策として注目される3つの理由

まだ人に対する影響はこれからのようですが、安全なら早めに普及してほしい技術ですね。

【速報】広島大学病院「紫外線Care222は新型コロナウイルスの不活化に有効」世界に先駆けて発表 ウシオ電機の製品で実証

ここ数日で『巣ごもり』というキーワードを頻繁に目にするようになりましたし、外出を控えるために備蓄を準備する方が増えている、というニュースも見かけました。