防衛省専門職員(語学職・国際関係職)

しかし、防衛省の場合は総合職と一般職に加えて、語学・国際のスペシャリストである「専門職」の区分があります。 上記のように、防衛省専門職に求められている役割は、語学力とグローバルな視野を活かして円滑なコミュニケーションと精度の高いリサーチを実現することです。

【国の防衛を担当するスペシャリスト】<防衛省専門職員>の仕事内容とは?│公務員総研

自衛隊員の場合は2士から将官まで階級があり、階級と勤続年数に応じて年収が定められています。 現在は防衛省からの出向で幕僚監部調査部で主に中国や、ロシアなどの海外の軍事情報を収集したり分析しています。 新卒で採用された場合の給料は東京都特別区であれば初任給が 約20万円程度となります。

6

防衛省専門職員カテゴリTOP│公務員総研

読んで字の如くですね。 通訳から海外の情報収集・分析までこなす、防衛省専門職について解説していきます。

7

防衛省職員

国際関係区分と語学区分の2コースより成るこの試験は、外国語に特化した試験です。 同じ防衛省ではありますが、自衛官とは給料の仕組みが違います。

9

【国の防衛を担当するスペシャリスト】<防衛省専門職員>の仕事内容とは?│公務員総研

2次試験は人柄や対人的能力などについての個別面接の口述試験と、胸部エックス線撮影を含む胸部疾患や尿やその他の一般内科系の身体検査が行われます。

16

防衛省専門職員

そのため、採用試験では「英語」「ロシア語」「中国語」「朝鮮語」の区分から採用されてるようです。

2

【国の防衛を担当するスペシャリスト】<防衛省専門職員>の仕事内容とは?│公務員総研

(第7号• 当然のことながら、プライベートであってもSNS等の扱いには特に注意が必要な職務だと言えます。

10

【公務員】防衛省専門職になるには?気になる年収・仕事内容も解説

給与は、に基づく。 防衛省専門職になるには 防衛省専門職になるには、防衛省が毎年開催している採用試験に合格する必要があります。

17