冬 天文

「花の雲」は、堤などに連なる桜が雲のようだという意味で、上から見たドローン映像のよう。 四季 春 ・ ・ ・ ・ ・ 夏 ・ ・ ・ ・ ・ 秋 ・ ・ ・ ・ ・ 冬 ・ ・ ・ ・ ・ 家族のお祝い事 お宮参り 年末年始のイベント・行事・歳時記 何かとイベントの多い年末年始の行事、お正月やクリスマス、など特大の行事からマイナーだけど気になる行事まで色々と紹介しておきましょう。

季語/針供養(はりくよう)を使った俳句

同様に、桜(春)が約90句あります。 桜は春以外の季節にも、秋には「桜紅葉」、冬には「桜落葉」として、辛うじて歳時記に残ってはいます。

3

夏 時候

類季語 炎夏(えんか)・炎帝(えんてい)・ 九夏(きうか=きゆうか)・ 三夏(さんか)・朱夏(しゆか)・ 祝融(しゆくゆう)・ 蒸炒(じようさう=じようそう)・ 夏場(なつば) 機関車の排気小石を鳴らす夏 沢木 欣一 初夏(しよか) 類季語 初夏(はつなつ)・首夏(しゆか)・ 夏初め(なつはじめ)・ 夏始め(なつはじめ)・ 孟夏(まうか=もうか) はつなつや咥へて猫が子を運ぶ 中山 純子 卯月(うづき) 類季語 卯の花月(うのはなづうき)・ 夏初月(なつはづき)・ 花残月(はなのこりづき) 酒置いて畳はなやぐ卯月かな 林 徹 塩田夫卯月の潮を扇撒き 山 信夫 五月(ごぐわつ=ごがつ) 類季語 五月来る(ごぐわつくる=ごがつくる)・ 聖五月(せいごぐわつ=せいごがつ) 野に大き声して遊ぶ五月来ぬ 河合 佳代子 清和(せいわ) 類季語 清和節(せいわせつ)・ 清和月(せいわづき)・ 和清の天(わせいのてん) 窯の火のよき音となる清和かな 新田 祐久 立夏(りつか) 類季語 夏立つ(なつたつ)・ 今朝の夏(けさのなつ)・ 夏来る(なつきたる)・ 夏に入る(なつにいる) 舞扇買つて立夏の城眩し 千田 一路 夏めく(なつめく) 類季語 夏きざす・夏げしき・夏の色 食卓に紺のガラス器夏めける 篠田 たもつ 夏浅し(なつあさし) 類季語 浅き夏(あさきなつ) 若夏(わかなつ) 沖縄では、陰暦の3月下旬から5月頃の、 稲穂の出る季節をいう。

12

紅葉に関する季語(秋の季語)

一定の枠にはめ、形を整えることは大事なことだよ」。

9

冬 天文

いよいよ激しい暑さに向かいます折り ご自愛のほどお祈り申し上げます。 こういうのは説明するのも野暮だろうとは思うけれども、この「稲妻」には、性的なコノテーションが含まれている。 極端に言えば、外国では俳句は作れない、あるいは外国で作ったものは俳句の形をしていても俳句ではないとする立場であります。

1

稲妻となつてお前を喜ばさう 竹岡一郎【季語=稲妻(秋)】

女星から光りはじめて哀れなり 田中竹南• 合歓(ねむ)の木の葉越もいとへ星の影 芭蕉• 「 やっぱり本は、紙のページをめくりながら読みたいなあ…」という方のために用意させていただきました。 要は、「Because I am a lightning…」という「唐突さ」と「なりきり感」が、「稲妻となつて」の部分の意味するところなのであり、後半部分からはこの「稲妻」の比喩的内容がさらに限定されるのもポイントだ。

2