オンラインセミナー 製造現場 ポカヨケの実践

ポカヨケ防止 提案事例31 包装材の機種間違い 防止 改善点:包装材のデザインを設計変更して 切欠け部を機種別の追加。

15

うっかりミスは『ポカヨケ対策』で撲滅可能。めざすは「物理的にミスしようがない状態」

「気持ちが沈み込んでミスをする」に対しては、嫌な仕事は午前中のうちに片付ける習慣を付けて毎日リセットして正のスパイラルで気持ちを高め、ニコニコカレンダーでお互いの気持ちを見える化して気遣い合う職場づくりをしましょう。 【 リミットスイッチの種類一覧表 】 非接触式 ポカヨケ検知センサー 下記は 非接触式検知センサーの代表である 光電センサーの種類一覧表です。 トヨタ自動車工業へ入社以来、人事部(海外人事関係)、経理部(債権債務管理)、財務部(輸出入経理)などの本社機能 を経て、現場の本社工場・原価グループ(鍛造工場能率・製造予算管理、たな卸し本社工場事務局)、本社工場・生産管理室(車体・塗装・組立工場生産管 理)、米州事業部(海外生産車の原価企画)、田原工場・原価グループ(成形工場能率・製造予算管理)、田原工場・生産管理室(エンジン・鋳造工場生産管 理)、などを経験。

品質意識を高める|品質|絵で見る創意くふう事典

言われたことしかしない人がやってしまうミスの傾向は、「管理責任が希薄で自らミス防止をしない」、言われたことをやることを目的としているので仕事の目的を達成することへの意識がないため「目的から外れる」仕事をしてしまう、仕事の結果や影響を考えていないため「問題を想定できずミスを引き起こす」といったものがあります。 ポカヨケ防止 提案事例24 部品の組み付け忘れ防止 改善点:組み付け部品を取る為に手を伸ばすとランプが切れるように 光センサーを取り付けた。

18

これで解決!ヒューマンエラーの主な原因と対策

全ての人は「認知」し、「判断」し、そして「行動」します。

9

ポカヨケ改善事例集【図解】

例えば、「バッテリーツールで10回作業、チェックペンSで3回作 レーサビリティを確保したいとお考 シンプル 業、検印スタンプで1回作業」という内容が登録されます。

9

品質意識を高める|品質|絵で見る創意くふう事典

【まとめ】. また、加工履歴を保存・管理できるため、生産管理システムと連携すれば、トレーサビリティの観点で絶大な効果を発揮します。 また最近では IC タグが用いられるようになってきた。

14

ポカヨケを徹底するためには?事例とともに解説

国内・海外の幅広い業界の工場にて、ツール(工具)を用いた作業のモレ防止(ポカヨケ)を支援する IoT ツール群としてご利用いただいています。 しかし残念ながら全ての業務でポカヨケを設置出来ません。 すなわち、ポカヨケを徹底するには、発生する不良の根本原因を解析し、的確な対策が打つ必要があります。

【ポカヨケ対策の実績多数】工具のIoT化で、作業者のミス防止!

ワークを正しくセットすればタッチスイッチによってセットが確認され起動スイッチが入るが、位置ズレがあればボタンを押しても起動しない。

9

ポカヨケの事例と4ステップで設計・導入の仕方(ポカミス防止)

【製品概要】 【製品概要】 お客様のご要望に応えるべく、電動ツールメー お客様がご利用中のエアーリベッターにポカヨケ 【製品概要】 カー様にご協力いただき、電動ツールにポカヨケ 用送信機を作業性が損なわれない形で装着す お客様がご利用中のグリスガンを加工せずに、 用無線基板を組み込むことで、トルクレンチ・電 ると共に、機構可動部からのセンサリングを小型 ポカヨケ用送信機を装着すると共に、小型のマ 動ツールの両方からポカヨケ用受信機TW- のリミットスイッチを用いる設計とし、「エアーリ グネットスイッチを使用することで、グリスガンの 800Rシリーズと無線通信することが可能となり、 ベッターのグリップをしっかり握ると信号を発信 グリップが握られたことを検知する工夫をいたし 「高い通信性能はそのままに、トルクレンチ・電動 する」仕組みを開発いたしました。 仕組みを開発するに 等の作業工具及びポカヨケ用受信機)をそのま 発し、コネクタ嵌合チェッカーにポカヨケ用送信 あたり、お客様の生産現場で既に利用している ま活かし、ポカヨケ用受信機に校正タイミングを 機を装着することで、「コネクタ同士がロックした TW-800シリーズの受信機と通信出来るよう、 管理する作業カウント表示装置を接続すること 状態であることを確認した際に作業実績を無線 チェックペンSの機構を流用すると共に、目視 で、「作業工具の締結回数が校正を必要とする 発信する」仕組みを開発いたしました。

16