新型コロナ「アメリカ起源説」「中国生物兵器説」は両方デマ。発信源は2つの有名陰謀論サイトだった

両記事について、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が興味深いことを書いている。

新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

「オタワ大学名誉教授」らが陰謀論の発信源 オタワ大学名誉教授で「センター・フォー・リサーチ・オン・グローバリゼーション(CRG)」所長のミシェル・チョスドフスキー氏の講演。 輸入された水産品が引き起こした可能性もある」と指摘した。 この中でも菌株の多様性が最も大きいインドとバングラデシュで最初の人同士の感染が起きた可能性があるとみた。

新型コロナウイルスの起源に関する論文まとめ。生物兵器説に否定的な実験結果や研究所からの流出疑惑・宿主動物など

そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 中国で輸入冷凍食品からが相次いで検出され、政府は輸入を一時停止したり、全面消毒を義務付けたりして警戒を呼び掛けている。

8

新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 我々の論文は、そういった挿入が自然界で起こることを明確に示している」 奇妙なゲノム やっぱり研究室で生まれた? コウモリの研究を行う中国とオーストラリアの生物学者らは最近、新型コロナウイルスに最も近いウイルス株と考えられるRmYN02ウイルスを同定した。 新型コロナウイルスの起源をめぐり、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は11月30日の記者会見で、「将来のウイルス発生を防ぐため、今回のウイルスの起源を知る必要がある。 2月9日、法輪功がアメリカで運営する中国語衛星テレビ「新唐人」が、「新型コロナウイルスは人工ウイルスの可能性が高いことを証明した」という中国人科学者のインタビューを放送した。

5

コロナ起源調査「政治化しないで」 WHOトップの訴え [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

記事のテーマにそぐわないもの• 中国で行う調査は? (記者) 国際的な専門家でつくる調査チームは、中国で何を調べるのですか? (博士) 去年12月の時点では、新型コロナウイルスは、軽症や無症状の患者が多いことはわかっていませんでした。

14

新型コロナウイルスの発生源はどこ?WHOの専門家に聞きました

【北京・坂本信博】の震源地とされる中国の湖北省で、最初の発症者が確認された日から8日で1年。

10

WHO、武漢での国際調査へ コロナ発生源特定のため [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 研究者らは、RmYN02は新型コロナウイルスの直接的な進化の前駆体とは言えないが、RmYN02の存在は、異常なアミノ酸配列の挿入が進化の中で自然に起こり得ることを示すものだとしている。

WHO、新型コロナの起源めぐり初の国際専門家会議 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

GISAIDは多くのノーベル賞受賞者や世界有数の科学者が署名し成立しているオープンプラットフォームで、インフルエンザウイルスデータ情報の共有状況を改善するために設立され、現在はさまざまな感染症に対応している。 公的なシンクタンクを彷彿とさせるネーミングだが、所長の ミシェル・チョスドフスキー氏が2001年に創設したきわめて小規模な仲間うちの組織。 これに対しては、3月13日にニューヨーク州司法長官が販売中止を命令。

12