第4章 邪崇が出る(7)|小説「魔道祖師」日本語訳|note

魏無羨は彼から伝わる天を衝かんばかりの激しい怒りと失望感、そして憎しみを感じ取ることができた。 程度や姿勢こそ違えど、藍忘機と聶明玦の主張は同じで、 彼らは相手を思うがゆえ、認めるがゆえに、その行いを、否定し、正しい道を示すことができるのです。

BL小説「魔道祖師」改編「陳情令」本日よりネット公開開始!!!

死体を自在に操れる。 幼い頃から無自覚的に、己の欲求をことごとく抑圧してきた彼には藍忘機のように、 自身の欲求の善悪を判断し、自覚的に抑圧するということができないのです。 そのために知りたくない真実からは目を背ける。

11

「魔道祖師」追加21人一挙解禁

歴史上では二十歳以降で使われるはずですが、魔道祖師では十五歳以降で使われます。 澄と厭離の父。 母はとりわけ忘機をあやすことが好きで、だが忘機は、世話を焼かれるほど口数が減り、表情も固くなる。

第4章 邪崇が出る(7)|小説「魔道祖師」日本語訳|note

藍曦臣は言った。 この一連の出来事、実は原作からわずかに改変が加えられており、孟瑶と聶明玦が反目し合うに至るまでに少し異なる経緯があります。

11

BL『魔道祖師』&『SOTUS』日本語版小説が新レーベルより登場

少年時代は冷遇されており金麟台から追放され聶氏の弟子として過ごしていた。 しかし、ここにおいても藍曦臣は金光瑶に対する世人の評価を〈誤解〉であると断じ、〈長年この目で見てきたものだけを信じている〉、〈私の知る彼こそが真実である〉と主張します。

第4章 邪崇が出る(7)|小説「魔道祖師」日本語訳|note

その後、なぜ彼らは義兄弟の契りを結ぶに至ったのだろうか。 】 幼い頃から抑圧されることを覚えた藍曦臣の欲求が、成長してどのように変化するか。

15

「魔道祖師」&「SOTUS」日本語版小説が2021年春に発売決定!世界が熱狂する、大人気BL作品がついに登場!|株式会社アニメイトホールディングスのプレスリリース

「あんたの息子が死んだのは、俺のせいじゃない!」 昼間に藍思追は東堂で魏無羨が騒ぐのを眼にし、その後、この私生児の仰々しい噂話を耳にしていて、心を病んだこの公子に非常に同情し、たまらなくなって、口をはさんだ。 2021年春に原作小説の日本語版が発売予定。