「コロナウイルスの第2波が来るんで」、とか当然のようにTVでよく聞き

また、イランでも新型コロナウイルス感染者数が再び増加して経済活動が再度ストップしているという情報もあります。 増えるのも減るのも指数関数的です。 グラフの中ほどに目をやるとちょうど政府が4月初めにわが国初の緊急事態宣言を発動するかどうか迷っていた時期と、直近の感染者数のグラフの形が同じであることがわかります。

16

【記者会見】第二波は来ない~科学的エビデンスに基づく新型コロナウイルスに対する知見~|合同会社SIBAのプレスリリース

制限緩和しても実効再生産数が1を超えなければ患者数は増えないのですが、緩和しすぎれば1を超えて第2波がやってきます。

日本が「コロナ第2波」で最も脆弱になる懸念

これがその遷移です。

16

日本が「コロナ第2波」で最も脆弱になる懸念

武漢も、新型コロナウイルスが発生したとき、大騒ぎする必要はなかったのです。 なぜ、持続的に免疫を獲得することができないのか、その理由については2点が指摘されています。 数字的にマスクの効果があるのか疑問に思う。

10

【北九州コロナ】政府「第2波来ていない」地元と認識にずれ。首相官邸幹部「せっかく経済活動が再開したのに再指定すれば水を差す」

感染状況を分析するには、「感染者数」と「流行の勢い」「対策の難しさ」の三つの要素が必要だ。 」状態ではないので、 部分的な隔離や追跡、薬候補がある程度確立されているので、仮に発生しても、 大規模ではなく、散発的なものではないか、と安直に考えています。

14

コロナ総括⓴「第二波は来ない」という上久保説にこれだけの疑問|海老原嗣生|note

インフルエンザ程度の死者は出ても自然の摂理と思って受け入れるしかないのが感染症です。

17

日本が「コロナ第2波」で最も脆弱になる懸念

さらに、特に米国ではインフルエンザが流行し、1万2000人も死亡しています。 さて、次の疑問点に移ろう。 その結果、S型とK型の日本への流入・蔓延が続いていた。

8

「首を刈ってやる」という脅迫も……“8割おじさん”西浦教授がそれでも語る「第三波、第四波は絶対来ます」

実際はさまざまな対策や人々の行動変容によって再生産数は低下し、この値が実効再生産数と呼ばれる。 上久保 約10年に一度ですが、時に短い場合もあります。

20