新型コロナのデマ対策で注意するべき、善意の拡散と事実化のリスク(徳力基彦)

新型コロナウイルスに有効な薬が存在する なお、紫外線消毒装置については皮膚に疾患が発生する可能性があるため使用すべきではないとし、また体温測定については、COVID-19は2〜10日ほどの潜伏期間の間は症状が出ないことから、体温を測定するだけでは感染を判断できないとしている。

13

新型コロナウイルスのデマまとめ10選!!「ピッタマスクはコロナウイルスに実は・・・」

意見が分かれることには注意すると同時に、否定意見でも安易に投稿しない方がいいかもしれない。

3

コロナのデマどう見極める?鍵は「か・ち・も・な・い」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

こうなると、「中国から原材料を輸入できなくなって」という部分はウソでも、「トイレットペーパーが不足する」という部分は店頭において「事実」となってしまいます。

新型コロナのデマ情報まとめ!twitterやメールの『嘘』を一覧にしました

1つ目が、自分だけが情報を知っているという「優越感」。 17のデマやフェイクニュースには、たとえば「納豆を食べると新型コロナウイルス予防に効果がある」「花崗岩などの石はウイルスの分解に即効性がある」「漂白剤を飲むとコロナウイルス予防に効果がある」「日本政府が4月1日に緊急事態宣言を出し、2日にロックダウン」「武漢からの発熱症状がある旅客が、関西国際空港の検疫検査から走って逃げた」「新型コロナウイルスは、中国の研究所で作成された生物兵器である」「新型コロナウイルスについて、中国政府が『日本肺炎』という呼称を広めようとしている」などの聞いたことがあるデマが並ぶ。 一週間には「 [twitter. その後はパニック的な買い漁りも見られなくなり、現在はほぼ通常の流通体制に戻っているようです。

13

新型コロナのデマ情報まとめ!twitterやメールの『嘘』を一覧にしました

今回はそんな方のために新型コロナウイルスに関するデマ情報の現状とその事例、企業でSNS緊急情報サービスが普及している理由などを説明していきます。 複数の情報を調査する など しかし、人海戦術による調査では以下2点の問題を抱えており、この課題をクリアするために近年は報道機関などの企業や自治体で、などのSNS緊急情報サービスを導入する動きが広まっています。 本来はたくさんの人が集まるところで買い物したり、行列をする行為自体に感染のリスクがあるはずですが、パニック的な精神状況になってしまうと冷静な判断ができなくなってしまうわけです。

6

新型コロナウイルスではびこるデマ・フェイクニュース

10代とデマの関係について見ていきたい。 事の始まりは、まだコロナ騒動とは無縁に近かった1月末、国立がん研究センターが「納豆の摂取量が多いほど循環器疾患死亡リスクが低い(約10%)」という調査結果を発表したことです。 善意だとしても看過できない」と不安を口にする。

20