【書評】これは全国民が読むべき1冊―『経済政策で人は死ぬか?』

以後のイギリス政府は、当初は積極的な景気刺激策で雇用増加、自殺減少に貢献したにもかかわらず、それを一年でやめ、日本でいうところの消費や公務員の人件費カットなど「緊縮策」を採用で失業は増え、自殺は増加したとしている。 そして急速な改革は経済も破壊した。

19

「経済的な死者」の急増を阻止する対策が必要だ

不況によっても人の死は増える。 だが他方で交通事故死亡が減少することで臓器提供者が減るとも指摘している。

10

『経済政策で人は死ぬか?—公衆衛生学から見た不況対策』

デヴィッド・スタックラーは公衆衛生学修士のあと、政治社会学で博士を取得されいます。 寧ろ、人の生死がかかっている真面目な話ではありながら、政策判断や調査に至る過程での葛藤も垣間見え、一つの物語を自然実験毎に読んでいる感覚になりました。 失業者数と自殺者数、とりわけ経済・生活問題を原因とした自殺者数には強い相関関係がある。

13

【読了】経済政策で人は死ぬか?

この概念に至るまでに、中世の王政統治下の国の意思と国民(body)という歴史があります。 必要としている人が医療を受けられず、必要のない人ほど医療を受けやすくなる さかさま医療ケアの法則と呼ぶ状況が発生してしまう。

8

経済政策で人は死ぬか?

そして、IMFも2012年にアジア通貨危機に際しての政策の誤りを自ら認めた。 「政治とは大規模な医療にほかならない」 これは本書の冒頭に掲げられた19世紀のドイツの病理学者であり政治家でもあったルドルフ・ウイルヒョーの言葉である。 公衆衛生に投資する(不況下では国民の健康は一般に悪化する。

3

本:経済対策で人は死ぬか?:公衆衛生学から見た不況対策を紹介|ChisArt

禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 また失業率の上昇は、他面でリストラに直面しなかった人たちにも生命の危機をもたらす。 筆者の主張は正しいのかもしれない。

15

【読書メモ】経済政策で人は死ぬか?|Kei Tanahashi|note

具体的には時における各州のを積極的に行ったか否かという違い、崩壊時の各連邦が民営化を急いだかゆっくり行ったかという違い、の際の指示に従って社会保護政策を減退させたか否かという違いを「自然実験」 ・本書には不満がある。 ホメオスタシス(恒常性)に似た機能で、これは大小を問わずすべての行政機関に存在します。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

2