埋葬料とは?支給額と申請方法。葬祭費、葬祭料との違い

埋葬料の申請方法 埋葬料を受給するには必ず申請が必要となるので、必要書類を確認の上、期限内に申請しなくてはいけません。 甲信越・北陸• 被扶養者が亡くなったとき• 葬祭扶助とは? 葬祭扶助とは、生活保護制度の一部です。

1

埋葬料と葬祭費の違いをわかりやすく図解します!

(健康保険の給付金については、申請書に記入された振込希望口座へのお振込みとなります。

20

協会けんぽの埋葬料・埋葬費の受給資格と申請手続き 死亡届の書き方と必要書類、死亡の手続き

喪主と葬祭日の確認ができるもの(葬儀の領収書や会葬礼状など)• したがって、実際に埋葬に要した費用が 5万円未満の場合は、埋葬費よりも埋葬料が受給できた方が得なのですが、通常、埋葬には 5万円以上の費用がかかるため、そうすると両制度の違いによる実質的な損得は生じないことになります。 被保険者が世帯主であるのか、同一世帯であるかも関係ないのです。

4

葬祭費/埋葬料は相続税の課税対象になりません

『被保険者』が亡くなった場合、先ほどの1ページ目は『申請者』でしたが、こちらは 『被保険者』の名前を書きますよ~。 また、相続税の計算にあたって葬儀費用から埋葬費を控除する必要もありません。

健康保険埋葬料(費)支給申請書

身元確認を行うための書類(いずれか1点) 被保険者の個人番号カード(表面)のコピー、運転免許証のコピー、パスポートのコピー、その他官公署が発行する写真付き身分証明書のコピー 2. 埋葬料と葬祭費って両方受けとれる? 「埋葬料」と「葬祭費」は両方受けとることはできません。 以下、ケースごとに説明します。

1

埋葬費とは?埋葬費給付金制度について支給申請書の書き方等を説明

必要な書類・申請先などはそれぞれ異なるので、詳しく知りたい方は以下をご覧ください。 「埋葬料」は、死亡の事実またはその確認があれば支給されます、埋葬を行ったことは要件ではなく、仮埋葬でも葬儀を行わない場合でも支給されます。 また、受け取れる公的なお金が、埋葬料であるのか葬祭費であるのか、付加金や年金はあるのかも併せて確認し、受け取れるはずであったお金を受け取らず、時効となった後に後悔しないよう、正しい知識をもって故人を送り出してあげることが大切です。

20

【健康保険】本人や家族の死亡時に支給される「埋葬料」「埋葬費」 内容と手続き

埋葬費の金額は、埋葬料の5万円を上限として、実際に埋葬にかかった費用が支払われます。 葬祭費は国民健康保険の加入者、もしくはその扶養家族に適用されるもので、名称は異なりますが、性質は埋葬料と同様、葬式に必要だった金額の一部を負担してもらえます。 遺族年金を受給する条件が揃っていれば、資金援助を受ける対象となります。

知らないと損!家族が亡くなったときに自治体や国からもらえるお金

埋葬費・埋葬料、支給対象となる場合 埋葬費や埋葬料が支給されるのは、次の条件に適合した場合です。 健康保険埋葬料(費)支給申請書 健康保険組合側で用意されている指定書式の申請書です。

4