MFJ 2021全日本選手権のゼッケンナンバーについて

GP-MONO 4ストローク単気筒250cc自然吸気エンジン(RAM圧禁止)を搭載するレース専用バイクによって競われるクラス。

13

いよいよ最終決戦!全日本ロードレース選手権第5戦が10/31・11/1に鈴鹿サーキットで開催 ZX

規定上は250cc超500cc以下であれば参加が可能なので、モリワキはRS250をボアアップして250cc超の排気量としたマシンをエントリーさせたことがある。 1994年から2002年まで最高峰カテゴリーとして開催された。

MFJ 2021全日本選手権のゼッケンナンバーについて

1993年には原田哲也が250ccクラスで、94年と98年には坂田和人が125ccクラスで、さらに95年、96年には青木治親が2年連続して125ccクラスを制しました。 今回は、手応えのある成果と課題が見えるレースウィークになりました。 厳密には本選手権とは異なる「MFJ CUP」のクラスだが、全イベントが本選手権と併催となるためここで記載する。

17

いよいよ最終決戦!全日本ロードレース選手権第5戦が10/31・11/1に鈴鹿サーキットで開催 ZX

日本最大のロードレースとして有名な鈴鹿8時間耐久ロードレースに直結するクラスでもあります。

全日本ロードの2021年暫定カレンダー発表。開幕戦はもてぎ、全7戦で開催予定(オートスポーツweb)

第3戦はスポーツランドSUGOで行われ、筑波サーキットで開催される第4戦は例年通りJSB1000を除く、ST1000、ST600、J-GP3クラスが各2レース制で行われる。 対して、初めからレースに出ることのみを目的として作られた車両は、レース専用車といいます。

12

いよいよ最終決戦!全日本ロードレース選手権第5戦が10/31・11/1に鈴鹿サーキットで開催 ZX

最終決戦の会場は鈴鹿サーキットとなった。

20

2020年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第1戦 スポーツランドSUGO 8/9

アジアロードレース選手権(ARRC)SS600クラスとレギュレーションが近く、ここ数年は交流が進んでいます。 その後も2分5秒台で連続周回、3台でのトップグループを展開。

3