ソリクア配合注ソロスターの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

12. 本剤と他の糖尿病用注射剤を取り違えないよう、毎回注射する前に本剤のラベル等を確認するよう患者に十分指導すること。 副腎機能不全• 適用上の注意• また、日本人の2型糖尿は糖尿病初期段階のインスリン分泌能の低下を特徴とし、正常耐糖能から耐糖能異常、糖尿病の進行に伴い、インスリン分泌不全が進行する 2)ことが報告されています。

ファーミック / 新薬情報

ショック、アナフィラキシー 頻度不明 :全身性皮膚反応、血管神経性浮腫、気管支痙攣、低血圧等の異常が認められた場合には投与を中止すること。 とてもわかりやすく、詳しくまとまってるのでとてもオススメです!! 【追記】 最終回の第3弾も書きました! これでゾルトファイ配合注についてはほぼほぼ書ききってると思いますので〜 少しでも読んでくれた方のお役に立てたら嬉しいです。 1.1参照〕(膵臓でのインスリン分泌を増加させることにより、低血糖を起こすと考えられており、腎機能低下、空腹状態遷延、栄養不良、過量投与が危険因子となる)]。

ソリクア配合注ソロスターの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

本剤とDPP-4阻害薬が併用された処方には疑義照会が必要です。 (平成13年8月21日付の厚生労働省医薬局安全対策課事務連絡) 2. 1」の項を参照。

1

ソリクア配合注ソロスター 特設情報 : [e

使用開始後31日を超えたものは使用しないでください。

8

ソリクア配合注ソロスター発売!ランタスとリキスミア配合剤。特徴や空打ち、最大用量!

3. インスリン製剤以外の糖尿病用薬による治療で効果不十分な場合、5ドーズを目安として投与を開始すること• 特定の背景を有する患者に関する注意 合併症・既往歴等のある患者• ヒトインスリンに対する獲得抗体を有し高用量のインスリンを必要• 試験方法: 健康成人4例にインスリン グラルギン0. 12%)と有意に低下し、空腹時血糖の変化量では本剤群で-31. 1. 使用開始後は本剤を冷蔵庫に保存せず、キャップ等により遮光して保存すること。 重度腎機能障害患者を対象とした有効性及び安全性を指標とした臨床試験は実施していない。 HbA1cが6. また、経口血糖降下薬でコントロール不良な日本人患者に、基礎インスリン製剤を使用した際、空腹時血糖は目標値を達成したものの、HbA1c7. かくれたメリットもあるソリクアの特徴 寺内氏は、国内で行われた第III相試験であるLixiLan試験(インスリン未治療のHbA1cコントロール不良の2型糖尿病患者)でJP-01試験(リキスミアと本剤を52週で評価)と同JP-02試験(ランタスと本剤を26週で評価)を示し、説明を行った。

3

持効型インスリンとGLP

インスリン及びその誘導体は、末梢におけるグルコースの取り込み、特に骨格筋及び脂肪による取り込みを促進し、また肝におけるグルコース産生を阻害することによって血糖値を降下させる。

サノフィ株式会社、超速効型インスリン製剤のバイオ後続品インスリン リスプロBS注 HU「サノフィ」 を新発売

超速効型インスリンの新薬として日本イーライリリーから発売薬剤師のしぐです。 1. 本剤の成分又は他のインスリン グラルギン製剤に対し過敏症の既往歴のある患者。 クマリン系化合物 経口 ワルファリンカリウム 経口 [リキシセナチドの類薬 エキセナチド でプロトロンビン時間国際標準比 INR の延長が報告されているので、本剤と併用する場合には、併用開始時あるいは終了時にINR値を測定するなど、観察を十分に行うこと〔16. インスリン グラルギンが主に空腹時血糖をコントロールするのに対して、リキシセナチドは主に食後血糖をコントロールする。

11

サノフィ株式会社、超速効型インスリン製剤のバイオ後続品インスリン リスプロBS注 HU「サノフィ」 を新発売

めまいやふらつき、動悸、冷や汗などの低血糖症状を起こすことがあるので、高所作業、自動車の運転など危険を伴う作業を行う際は注意してください。 LixiLan JP-O1試験は321人を対象にリキシセナチドと比較、投与期間は52週だった。

サノフィ株式会社、超速効型インスリン製剤のバイオ後続品インスリン リスプロBS注 HU「サノフィ」 を新発売

1.1参照〕(機序は不明であるが、インスリン感受性を増強するなどの報告がある)]。

9