母子及び父子並びに寡婦福祉法とは

に 及び第六条 並びに第三十一条の四において準用する第六条 第十四条各号 第三十一条の六第四項各号 第十五条第一項第三号及び第二項 第十四条 第三十一条の六第四項及び同項において準用する法第十四条 各号を除く。

5

母子及び父子並びに寡婦福祉法施行細則

(寡婦日常生活支援事業)第三十三条 都道府県又は市町村は、寡婦がその者の疾病その他の理由により日常生活に支障を生じたと認められるときは、政令で定める基準に従い、その者につき、その者の居宅その他厚生労働省令で定める場所において、食事の世話若しくは専門的知識をもつて行う生活及び生業に関する助言、指導その他の日常生活を営むのに必要な便宜であつて厚生労働省令で定めるものを供与し、又は当該都道府県若しくは市町村以外の者に当該便宜を供与することを委託する措置を採ることができる。 (注)さいたま市、川越市、越谷市及び川口市にお住まいの方は各市役所が相談・貸付の窓口となります。 資金の種類 貸付対象等 内容 事業開始資金•。

2

母子福祉資金及び寡婦福祉資金の貸付事業の運営を適切なものとするよう是正改善の処置を要求し及び改善の意見を表示したもの

以下「都道府県」という。 申請書• 貸付後、必要に応じて就学状況、事業状況等の調査を行います。 戸籍謄本(おおむね3ヶ月以内に発行されたもの)• step 2必要な書類の提出必要な書類は下記のとおりです。

16

母子及び父子並びに寡婦福祉とは?詳細をわかりやすく解説

) 秩父母子・父子福祉センター 秩父福祉事務所内 0494-22-6237 各種相談、法律相談など (原則として、福祉事務所の担当地域と同一です。 )について、都道府県に対し、情報の提供その他の援助を行うこと。

13

母子及び父子並びに寡婦福祉法の全文・条文

)などであり、その運用益は法の規定等に基づき当該特別会計で処理することとされている。 第五条 この法律の施行の際現に旧法第十五条の規定による母子相談員である者は、この法律の規定による母子相談員となるものとする。 への入所に際し必要な資金 資金の種別 据置期間 償還期限 父子事業開始資金 貸付けの日から一年間 据置期間経過後七年以内 父子事業継続資金 貸付けの日から六箇月間 据置期間経過後七年以内 父子修学資金 父子修学資金の貸付けにより修学をした者が当該修学を終了して後六箇月を経過するまで 据置期間経過後二十年以内 専修学校に就学する児童又は配偶者のない男子の二十歳以上である子等であつて、一般課程を履修するものに係る父子修学資金については、据置期間経過後五年以内 父子技能習得資金 知識技能を習得する期間が満了して後一年を経過するまで 据置期間経過後二十年以内 父子修業資金 知識技能を習得する期間が満了して後一年を経過するまで 据置期間経過後二十年以内 父子就職支度資金 貸付けの日から一年間 据置期間経過後六年以内 父子医療介護資金 医療又は介護を受ける期間が満了して後六箇月を経過するまで 据置期間経過後五年以内 父子生活資金 知識技能を習得する期間が満了して後六箇月を経過するまで 据置期間経過後二十年以内 医療又は介護を受ける期間が満了して後六箇月を経過するまで 据置期間経過後五年以内 失業貸付期間が満了して後六箇月を経過するまで 生活安定貸付期間が満了して後六箇月を経過するまで 据置期間経過後八年以内 父子住宅資金 貸付けの日から六箇月間 据置期間経過後七年以内 父子転宅資金 貸付けの日から六箇月間 据置期間経過後三年以内 父子就学支度資金 父子就学支度資金の貸付けにより小学校又は中学校に入学した者が満十五歳に達した日の属する学年を終了して後 その者が死亡したときは、その死亡して後 六箇月を経過するまで 据置期間経過後二十年以内 専修学校に入学する児童又は配偶者のない男子の二十歳以上である子等であつて、一般課程を履修するものに係る父子就学支度資金については、据置期間経過後五年以内 父子就学支度資金の貸付けにより高等学校、大学、大学院、高等専門学校又は専修学校に入学した者が当該高等学校、大学、大学院、高等専門学校又は専修学校における修学を終了して後 その者が死亡し、又は修学をすることをやめたときは、その死亡し、又はやめて後 六箇月を経過するまで 父子就学支度資金の貸付けにより修業施設に入所した者が当該修業施設における知識技能の習得を終了して後 その者が死亡し、又は知識技能の習得をやめたときは、その死亡し、又はやめて後 六箇月を経過するまで 据置期間経過後五年以内 父子結婚資金 貸付けの日から六箇月間 据置期間経過後五年以内 第九条第一項 母子修学資金、母子修業資金、母子就職支度資金又は母子就学支度資金 父子修学資金、父子修業資金、父子就職支度資金 配偶者のない男子 第三十一条第一号に規定する配偶者のない男子をいう。

5

母子福祉資金及び寡婦福祉資金の貸付事業の運営を適切なものとするよう是正改善の処置を要求し及び改善の意見を表示したもの

(是正改善を必要とする事態) 上記のような事態は、次の理由により適切でないと認められる。 居住市町 課名 直通電話 津市 こども支援課 059-229-3155 四日市市 こども家庭課 059-354-8276 伊勢市 子育て応援課 0596-21-5713 松阪市 こども支援課 0598-53-4085 桑名市 子ども未来課 0594-24-1172 鈴鹿市 子ども政策課 059-382-7661 名張市 子ども家庭室 0595-63-7594 尾鷲市 福祉保健課 0597-23-8201 亀山市 子ども未来課 0595-96-8822 鳥羽市 健康福祉課 0599-25-7221 熊野市 福祉事務所 0597-89-4111 いなべ市 児童福祉課 0594-86-7821 志摩市 こども家庭課 0599-44-0282 伊賀市 こども未来課 0595-22-9677 木曽岬町 福祉健康課 0567-68-6104 東員町 子ども家庭課 0594-86-2872 菰野町 子ども家庭課 059-391-1124 朝日町 子育て健康課 059-377-5652 川越町 福祉課 059-366-7130 多気町 健康福祉課 0598-38-1114 明和町 住民ほけん課 0596-52-7116 大台町 町民福祉課 0598-82-3783 玉城町 保健福祉課 0596-58-7373 度会町 保健こども課 0596-62-2413 大紀町 健康福祉課 0598-86-2216 南伊勢町 子育て・福祉課 0599-66-1114 紀北町 福祉保健課 0597-46-3122 御浜町 健康福祉課 05979-3-0508 紀宝町 福祉課 0735-33-0339 県福祉事務所 課名 電話番号 北勢福祉事務所 福祉課 059-352-0586 多気度会福祉事務所 福祉課 0596-27-5139 紀北福祉事務所 福祉課 0597-23-3432 紀南福祉事務所 福祉課 0597-85-2150. この場合において、同条中「前条第一項第一号」とあるのは、「第三十二条第一項第一号」と読み替えるものとする。

13