2020年夏、見たかった長野の花火。ありがとう、信濃毎日新聞の紙面AR花火。『実験ARおうち花火大会』|田口彩人(長野県佐久移住日記 )|note

花火は南城市役所と与那原町の与那原マリーナ、西原町の東崎公園、南風原町の本部公園で75発ずつが打ち上げられた。

1

信濃毎日新聞が“AR花火”を掲載 新聞紙上に大輪が咲く

離れることで、みえたもの この時代の、新たな花火の楽しみ方🎆 わたしたち養命酒製造は、「今年も信州の夏の風物詩を皆さまに楽しんでいただきたい」という信濃毎日新聞社さんの思いに賛同し、協賛しています。 松本本社 - 中央二丁目20番2号• この夏、長野県内の多くの花火大会が中止になったことを受け、「諏訪湖祭湖上花火大会」の開催予定日であった8月15日に合わせて同企画を実施。 所定の手順(QRを読むらしい)を踏んでからスマホのカメラを新聞に向けると……? 花火が打ち上がる。

16

今年の花火はお家でね!新聞紙上に打ち上がる「AR花火」…コロナによる「諏訪湖祭湖上花火大会」の中止で、地元紙が粋な試み

日本の夏の当たり前と言えば、花火大会。

13

新聞×AR花火がSNSで大反響!ニューノーマル時代の花火大会「実験 ARおうち花火大会」へ込めた思い|ウォーカープラス

中には、「長野県外に住んでいるが、SNSを見て長野の実家や親せきに連絡をした」「帰省できない中でも、長野の夏やお盆を感じられた」などの投稿もあり、「新聞紙面・SNSを通じて、離れた土地にいても同じ時間を共有できるようなきっかけを作ることができ、うれしく思います」と滝沢さんは続けた。

17

行政手続きの押印を廃止へ 長野市や県

会えないぶん、おもう ことはできる。

16

第3回しんまい動画コンクール

現在の所在地はを参照。 信濃毎日新聞は「残念ながら中止となってしまった多くの花火大会の代わりとしてではなく、新しい生活様式や働き方が求められるNew Normal時代におけるイベントの新たな楽しみ方を感じていただける紙面にしたい」と考え、この紙面が少しでも多くの方が前を向くきっかけになればとコメントしています。 これまで、当たり前だと思っていた花火大会。

6