バーチャルパワープラント技術の活用による需給調整市場への参入について|プレスリリース|ABOUT US|関西電力

同社第二都市インフラソリューション事業部 VPP事業統括 シニアエキスパートの田村 徹也氏は「現在は火力発電が主流の調整力に、いずれ需要家側にある分散電源が使われる時が来ます。 専用線オンライン化工事について 専用線オンラインを選択されて需給調整市場に参入される場合、必要な対応工事・試験が完了していることが必要です。

4

需給調整市場とは

そこで、公募調達の実施方法等を定めた「一般送配電事業者が行う調整力の公募調達に係る考え方」に従って、 調整力の公募が2016年末より実施されています。 今回の記事では、「需給調整市場」について概要を整理します。

11

2021年度『需給調整市場』の創設 VPPビジネスの商機とは

しかし、電力会社から送配電部門が分かれる発送電分離(法的分離)が実施された後の売買は、大きく変わる。 工事における標準工期については、お申込み後、約10ヶ月です。 需給調整市場の概要 一般送配電事業者が電力供給区域の周波数制御・需給バランス調整を行うために必要となる調整力について、多くの電源等への参加機会の公平性確保、調達コストの透明性・適切性の確保の観点から、公募により調達を実施しております。

12

2021年度『需給調整市場』の創設 VPPビジネスの商機とは

現在、2021年4月の需給調整市場開設に向けて、一般送配電事業者を代表して東京電力PGおよび中部電力が共同で「需給調整市場システム」の開発を進めています。 九州電力管内では午後1時、電力需要790万kWに対して太陽光と風力発電の合計が505万kW(需要の64%)に上った。 2020年の発送電分離を機に、日本でも電気の「需給調整市場」が生まれる。

7

一般送配電事業者が開発を進める需給調整市場、事業者側で必要な対応とは|新電力ネット

その取引は実際に電気が使われる(実需給)の1時間前に終わる。 太陽光による発電を見事に吸収した。 「ゲートクローズ」という。

コラム連載 竹内敬二 「需給調整市場」、全国の揚水発電所を有効利用できるか。

「需給調整市場運営部」では需給調整市場に関するお申込受付・お問い合わせ対応等の共通的な業務を一元的に実施いたします。

13

需給調整市場について|四国電力送配電

VPP技術を活用して需給調整市場に参入するためには、お客さまが保有するエネルギーリソースの制御精度など、高い技術力が必要となります。

9

一般送配電事業者が開発を進める需給調整市場、事業者側で必要な対応とは|新電力ネット

電気は普通、卸売市場で「kWh」で売買されるが、 需給調整市場は「短時間で需給調整できる能力」を売買する。

19

コラム連載 竹内敬二 「需給調整市場」、全国の揚水発電所を有効利用できるか。

需給調整市場においては、市場運営者である各エリアの一般送配電事業者は、調達を希望する調整力の必要量を提示し、調整力の提供事業者は当該必要量に対して入札を行っていただきます。

13