いなほ (列車)

貨物列車の乗務員2名が殉職。

11

羽越本線 停車駅一覧、遅延・運行情報|鉄道路線情報

9月17日:遊佐駅 - 吹浦駅間が複線化。 :23時台に秋田発新屋行きの上り最終列車を設定。 運行管理体制と設備の問題 [ ] 東北地方日本海沿岸地域は冬になると頻繁に暴風雪警報が発表されており、当時も暴風雪・波浪警報が発表され、大規模なと通称「」発生が予測されていた。

羽越本線

鼠ケ関駅 - 余目駅間(陸羽西線) [ ]• これにより、新潟駅で上越新幹線列車に接続する役割のほかに、北部・・沿岸地域相互間とを結ぶ特急列車としての役割を担うようになった。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 大鰐駅(現・)- - 羽越線急行停車駅(列車・時期によって異なる)• (平成25年):「いなほ」1往復(7・8号)で新型車両E653系1000番台が運転開始。 12月22日:国鉄理事会にて酒田駅 - 秋田駅間の線増が決定。

JR羽越本線脱線事故

(大正13年):羽後亀田駅 - 羽後岩谷駅間 7. 新津運輸区所属車:新津駅 - 鼠ケ関駅間 で2両編成で運用される。 :道川駅 - 羽後亀田駅間 8. 以後、ばんえつ物語用12系の本来の牽引機であるとともに毎年運転されている(ただし、はとして運転、はC57 180が中かつばんえつ物語用12系もリニューアル工事中だったため、D51 498と12系一般車6両編成で運転された)。 上越新幹線の始発駅がであることから、上野駅 - 青森駅間(水原駅経由)1往復のみ、特急「 鳥海」として存続させる。

4

いなほ (列車)

3月15日:京ケ瀬駅 - 中浦駅間が「Suica」の利用エリアになる(新津駅・新発田の両駅では2006年1月21日から利用可能)。

4

白新線・信越線・弥彦線・上越線・羽越線・越後線(新潟地区)運用情報

羽越線を通る初めての特急列車。 :東酒田信号場が開設。 金浦駅 - 仁賀保駅間• (昭和40年)• 酒田駅を境に管轄支社が変わるため、同駅での村上方面と羽後本荘・秋田方面相互の列車接続(「いなほ」との接続を含む)はよくない。

東北の運行情報(JR、私鉄、地下鉄、新幹線)

夕方には復旧。 - 東日本旅客鉄道プレスリリース 2011年12月16日• 「最上川」は、「」は列車記事を参照• 上野駅乗り入れ時の「いなほ」停車駅• 新発田駅 - 金塚駅間• :鶴岡仮駅 - 鶴岡駅間 1. 急行「」:鼠ケ関駅・吹浦駅・酒田駅 - 山形駅・仙台駅間 地域輸送 [ ] 全線を通し運転される列車はなく、酒田駅を境に・が担当する区間におおむね区分される。 村上駅 - 秋田駅間 交流20,000V・50Hz• 12月17日:藤島駅 - 西袋駅間に「強風警報システム」導入。

10