目利きの一頁 記事詳細

志と行動力を受け入れ、一人前として扱い、平等に仕入れをさせてくれた多くの中国の同業者に感銘を受けた。 「右に回して。

8

繭山順吉

米国での美術催事やでの売り立ても行った。 杉山さんは笑いながら、三本目のピースを口にくわえようとしていた。

6

目利きの一頁 記事詳細

毎日新聞 1967年2月11日• 高橋社長はそのまま応接間に入ったが、杉山さんはトイレから一向に出て来ない。 (昭和25年) - アメリカ合衆国を初訪問、各地美術館を視察。

20

株式会社繭山龍泉堂

、における、絵画彫刻工芸品の流行によって高まった需要に応えて、海外にを紹介し、結果として自然に日本の古美術の取引量も増加していった。 (平成6年) - 株式会社繭山龍泉堂会長に就任。 「高橋君、これは、名品だよ」その時、僕は何て世界に入ってしまったのかと不安に襲われた。

17

【終了】繭山龍泉堂「大唐展」

(昭和28年) - 紺綬褒章授与さる。 「それ」というのは、おそらく今見ていた鈞窯の鉢だと思いそれに手を伸ばすと「違うよ。

17

目利きの一頁 記事詳細

1999年(平成11年)9月16日 - 自宅にて逝去。

14

株式会社繭山龍泉堂

日本美術の国際的な評価の高まりとともに、日本人の「を紹介する」という役割を請け負い美術品を通して両国の親善に務め 、民間文化外交官のような役目を果たした。 (昭和40年) - 繭山龍泉堂を株式会社とし初代代表取締役社長に就任。 高橋社長を見ると、満足気に微笑んでいる。

13

目利きの一頁 記事詳細

それまでは父に同行していたの取引先へ単身向かうと、現地の同業者による歓迎会が催されるほどの歓待を受け、公平に仕入れの機会が与えられた。 1913年(大正2年)11月22日 - に父繭山松太郎、母繭山みよの長男として生まれる。

株式会社繭山龍泉堂

そのため、自身の扱ったものが、美術館に展示されたり寄贈され 、鑑賞陶磁器を代表する作品として・の指定を受けることに誇りを感じていた。

19