公共埠頭【太刀浦・田野浦・門司地区】

(昭和21年)6月 - 門司税関再開。 内貨 68,537TEU• 堀川埠頭• 2005年(平成17年) - ()とロジスティクス・パートナー港締結。

17

拠点一覧

隣の駅 [ ] 九州旅客鉄道(JR九州) 鹿児島本線 - 北九州貨物ターミナル駅 - 脚注 [ ] []. 施設(風車10基)• ライブカメラ概要 ライブカメラの概要をはじめ、ライブカメラから見える映像先、方向、設置先、地図、過去の映像・録画、配信元・管理元などの映像情報。 田野浦埠頭 [ ] 以前は、田野浦コンテナターミナルであったが、2004年から「田野浦自動車物流センター」に再整備され、主にを輸出する埠頭となっているほか、輸出精密機器を扱うために民間が整備した付きの専用上屋が立ち並ぶ。

3

SITC Japan 公式サイト

太刀浦コンテナターミナル [ ] 太刀浦コンテナターミナルの 出口の北端に位置する西日本有数のコンテナターミナル。 無料送迎バス:新門司港 - JR門司駅 - 小倉駅• 隣接地には、輸入貨物を取り扱う北九州国際流通センターが整備されています。 - 馬島 - 藍島(北九州市営渡船「」)• 但し、船員などを除き、一般人の進入は禁止されている。

公共埠頭【太刀浦・田野浦・門司地区】

新浜 [ ] 原料の取扱いを中心とした埠頭。 国土交通省門司港庁舎• なお牽引機関車の交換を行うため、すべての貨物列車が当駅でを行う。 (昭和46年) - (神戸以西)で最初の田野浦が開港。

17

北九州港のコンテナ貨物補助制度

(平成16年) - ()とロジスティクス・パートナー港締結。 (24年) - 大里駅(後の門司駅)が開業。 (昭和59年)7月 - ()と締結。

13

北九州貨物ターミナル駅

輸入 24,453,530トン• 国土交通省九州運輸局福岡運輸支局若松海事事務所 響灘地区 [ ] 地区は、北九州港の中では新しく整備されている地区である。

北九州港

(8年) - 門司港に・航路開設。 外貨 31,783千トン• 輸入 187,830TEU• (平成23年) - 国土交通省から「日本海側拠点港」(総合的拠点港)に選定される。 合計73,058隻(2006年度) 主な施設 [ ] 門司港地区 [ ] 門司港湾合同庁舎 は、からにかけ外国貿易の港として発展した地区であることから、港湾関係の主要機関が設置されている。

2