「コロナに強い」外食企業ランキング!【ベスト101完全版】

終息後も思い切って「オフィスを無くす」企業が続々と登場。 また利用する人数も大所帯は避けたいところだ。 しかし、だからといって簡単に営業再開に踏み切れるかというと、話はそう単純ではない。

4

コロナで変わる外食産業の「勝ち組」、サイゼリヤ・KFC・マクドナルドらの決算をチェック! (1/2):MONEYzine:資産運用とお金のこと、もっと身近に

「モスバーガー」を運営するモスフードサービスは、デリバリーサービスを強化して新型コロナ危機を乗り切った(編集部撮影) 新型コロナウイルスで外食産業は大きな打撃を受けたが、詳細にみると、業態によって明暗が大きく分かれた。 コロナ禍が終息したら、焼き肉店の「バブル」が崩壊する懸念はないのでしょうか。 人に会うのは今はやめておきます。

16

コロナ禍での外食利用者は6割、店で一番気になることは?

。 ご理解・ご協力をお願いします。

11

コロナ禍で4~7月計の外食市場規模は前年比6割減 外食産業がwithコロナ時代を生き抜くキーワードとは!? | ガジェット通信 GetNews

。 9%も減少。

12

新型コロナウィルスと共存する時代の飲食店の利用法とは?【#コロナとどう暮らす】(山路力也)

日本料理海外普及人材育成事業について 外国人調理師が働きながら日本料理を学ぶための実習計画を認定しています。

5

コロナで変わる外食産業の「勝ち組」、サイゼリヤ・KFC・マクドナルドらの決算をチェック! (1/2):MONEYzine:資産運用とお金のこと、もっと身近に

成田さん「懸念があると私は考えています。

3

「ソーシャルディスタンス・レストラン」withコロナ時代の新しい外食のかたち

以下の図に示した「日本事業(国内店舗)」も赤字転落だった。 本当に職場は不要か、意外なメリットにも迫る。