【破壊神マグちゃん】最新話22話ネタバレや感想!11月30日掲載

用いる権能は、破壊をもたらす光線を放つ「破滅の眼光」(発動の際、目の周囲に牙のようなものが生える)。

1

破壊神マグちゃん / 上木敬 1巻 感想

殊更に、『優しい世界』とまで言われる程、 出てくる全てのキャラクターのビジュアルが愛らしく、性格的にも嫌味が無く好感度が高い事から、 「こういうのでいい」と言う読者が続出した。 とは言え、再登場後はに推されている、風邪回で彼も善人である事等が知れ渡る等と、早速この漫画の空気に馴染み始めると再評価された。

10

破壊神マグちゃん / 上木敬 1巻 感想

また、邪神ではあるが、尊敬や畏怖とも無縁な態度の流々にも気にする事なくフレンドリーに接し、作り出した魔道具もアニメからモデルにしたりと、俗にまみれている。 一人暮らしの流々を気にかけ面倒を見ている(本人は「餌付け」と表現している)。 一見、粗雑に見えるコミュニケーションの中に相手を心配する優しさが見え隠れするのが流々の魅力なのだが、流々とマグちゃんの噛み合っているようで噛み合ってないやりとりは何故だか妙に居心地が良い。

10

破壊神 マグちゃんが打ち切りになる可能性は?

聖騎士団との戦いの末に、ウーネラス以外は封印されたとされている。 尊大な性格とかつての経験から、人間を下等生物として見下す反面、自分が知るそんな人間像からほど遠い流々が気になっている。 作者の初連載・初単行本作品。

13

破壊神 マグちゃんが打ち切りになる可能性は?

人間を下等生物と見下し、破壊神として尊大に振る舞うマグちゃんのことを、流々はあっさりと受け入れてしまうのだが、どれだけマグちゃんが恐ろしいことを話しても、マイペースに話を進めていく。

10

【ジャンプ32号感想】破壊神マグちゃん 第4話 破壊神はじめてのおつかい : ジャンプ速報

個人的にはキミを侵略せよ並に将来性を感じない。 概要 少し間が抜けてはいるが心優しい少女 宮薙流々と、かつては 破壊神として信仰されていた『マグちゃん』こと マグ=メヌエク。

4