従業員代表(労働者代表)とは?適切に選出して労使協定を締結

特に要件不備は役所にとっておいしい 分野。

9

【36協定】従業員(労働者)過半数代表者の選出方法と手続について

本社と支社がある場合には、 それぞれに従業員代表者を選出して意見書を作成して、それぞれの所轄の労働基準監督署に届け出ます。 そのため就業規則の運用をスタートする前に、従業員代表に就業規則の内容を確認してもらい、意見を聞くことが法律で義務付けられています。

20

労働者の意見聴取と労働基準監督署への届出

この点での監督官の調査は、会社の人事担当者に対する単なるヒアリングで終わるケースもあれば、最近は、 過半数労働者である従業員本人を直接呼び出して、ヒアリングすることもあります。

6

労働者代表の選任の仕方

現場の労使の判断を尊重する趣旨で、従業員代表との労使協定による労働時間の延長が認められるのです。

18

失敗しない!労働代表者の選出方法

仮に管理監督者を除いた従業員全員で過半数代表者を選出しても、選出された人物は過半数代表者とはなりませんので、併せて注意しておく必要があるでしょう。 [16KB] 賃金の支払の確保等に関する法律第7条 「未払賃金立替払制度」は、企業倒産により賃金が支払われないまま退職した労働者に対して、未払賃金のうち定期賃金(毎月きまって支給される賃金)及び退職手当の一部を立替払する制度です。

従業員代表の選出方法|社長のための労働相談マニュアル

従業員代表の立候補者を募る場合、従業員代表になるにつき、不利益となる扱いはしないことも併せて説明すると立候補を検討してもらいやすくなります。 会社の監督または管理の地位にある者でないこと• 」 また、36協定等の労使協定を作成して締結するときも、締結をする当事者として、従業員の過半数代表者を選出しないといけません。

【36協定】従業員(労働者)過半数代表者の選出方法と手続について

届出の際、例えウソでもの欄に名前が入っていれば、役所が根掘 り葉掘り聞くことはないのですが、万一調査に入られた時は物凄く面倒なこと になります。 ただし、以下の従業員については、少し判断に迷う場合があると思いますので、念のため確認しておいてください。

5

様式集 (必要な様式をダウンロードしてご使用下さい。)

その他、等の締結や届出にあたっても 代表が必要となります。 労働者代表のもつ主な権限は、労使協定や就業規則の締結や改定です。

4

様式集 (必要な様式をダウンロードしてご使用下さい。)

肩書きが管理職であっても、労働時間管理の下に置かれる者は、選挙権を有すると解されています(ただし、上述のように被選挙権はありません)。 「の過半数を代表」するためには、挙手・投票などの方法によって過半数のから選出されることが必要です。 ちなみに、の意見を聞こうが聞くまいが、が社長が勝 手に決めた腰巾着であろうと、自体は有効とされています。