日本語と文化

『粉骨砕身』の由来は 中国の禅僧が書いた禅宗の書物 『禅林類纂』(ぜんりんるいさん)の 「粉骨砕身するも、此(こ)の徳に報(むく)い難(がた)し」 力の限り尽くしても、仏恩に報いるのは難しい という言葉から来たのではと言われています。 具体的には、• 男性が恋仲の女性に「 骨が粉になり身が砕かれたとしても、あなたを見捨てたりするものか」といった内容の表現に粉骨砕身が登場。

15

粉骨砕身の意味とは?使い方や例文・類義語を解説

気球司令部に何らかの価値を見出した者は、その職務や評判が危険に曝されている将軍達だった。 私は 粉骨砕身して、御社のために尽くすつもりです。 イヤ、歩かされた。

四字熟語「粉骨砕身(ふんこつさいしん)」の意味と使い方:例文付き

一方で、「全身全霊」は「頑張る」という意味までは含んでいません。 仏教では、 「世のため人のために頑張ること」が美徳とされています。

12

粉骨砕身の意味とは?使い方や例文・類義語を解説

士魂商才とは、会社のために粉骨砕身の働きをすることだ。 その主君から頭を下げて機嫌をとられると、彼はまた、忠諫の良臣となって粉骨砕身せずにはいられない気持になった。

19

粉骨砕身とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

文字通り、身体が砕かれるという意味合いで使われています。 一生懸命働く。 私はここに、私がいかに祖国を愛し、いかに祖国の自由と栄光のために 粉骨砕身してきたかを証明する証を残すことにしようと思う。

8

粉骨砕身の意味とは?使い方や例文・類義語を解説

会社の人材育成に貢献する といったことです。 他人のために 粉骨砕身 ふんこつさいしん努力する男です。 墨者の 稀 まれな義侠精神と粉骨砕身の奉仕活動は次第に民衆の支持を得つつある。

20