公布「大気汚染防止法施行規則等の改正」(改正大気汚染防止法関連)

(厚生労働省報道発表資料へのリンク)• (レベル3建材には,作業基準などの遵守義務が新たに生じます。 R02. 一 風向、風速等の気象条件 二 指定ばい煙の発生源の位置、排出口の高さ等の状況 三 指定ばい煙の排出状況 四 指定地域に影響を及ぼす当該指定地域外における指定ばい煙の発生源の状況及び排出状況 五 その他総量の算定に必要な事項 2 前項の大気汚染予測手法は、電子計算機その他の機械を利用して大気の拡散式に基づく理論計算を行うことにより、又は模型その他の装置を使用した実験を行うことにより、指定ばい煙の排出と当該指定ばい煙による大気の汚染との関係を科学的かつ合理的に明らかにする手法であつて、当該手法を用いて推定される大気の汚染と実測された大気の汚染とを照合して相当程度適合していることが確認されたものでなければならない。 (平成二十六年法律第七十二号)• 令和5年10月からは,事前調査や作業終了後の確認を行う者の資格要件が義務化されます。

大気汚染防止法施行規則の全文・条文

)が公布されました。 5 施行規則第2条第2項第2号及び第3号の規定により、事前調査の結果、事前措置の内容を分別解体等の計画に記載しなければなりません。

18

大気汚染防止法施行規則 / Regulation for Enforcement of the Air Pollution Control Act

・全ての建築物等の解体・改造・補修工事(以下、「解体等工事」という。 下請事業者への事前調査の結果についての説明の内容• 規制対象の拡大 規制対象について,石綿含有成形板等を含む全ての石綿含有建材に拡大するための規定の整備を行う。

14

公布「大気汚染防止法施行規則等の改正」(改正大気汚染防止法関連)

大気環境中へのアスベスト飛散防止対策 「大気汚染防止法」に基づき、特定建築材料が使用されている建築物等の解体、改造、補修作業を行う際には、事前に都道府県等に届出を行い、石綿飛散防止対策(作業基準の遵守)が義務づけられます。

愛媛県庁/愛媛県公害防止条例及び同条例施行規則の一部改正について

事前調査結果の報告の内容,時期,方法(電子システムの活用方法を含む。 平成20年3月28日 報道発表資料• 大気汚染防止法施行規則の一部を改正する省令• 届出が必要な工事・・・特定建築材料を除去、封じ込め、囲い込みをする作業。

15

神奈川県の大気関係規制について

)をいう。 2 窒素酸化物に係る総量規制基準を適用する場合における窒素酸化物の量の測定は、日本工業規格K〇一〇四に定める方法により窒素酸化物濃度を、日本工業規格Z八八〇八に定める方法により排出ガス量をそれぞれ測定して算定することにより、又は環境大臣が定める方法により行うものとする。 第七条の四 窒素酸化物に係る総量規制基準は、次の各号のいずれかに掲げる窒素酸化物の量として定めるものとする。