恋の和歌 20選【現代語訳】付き

「あとの白浪」は、誠にこそ消えもて行け。 其の勢則ち然るなり。 舟に男は乗って、歌などを歌いながら、海女の栲縄(たくなわ)を海に浮かべて動き回るのは、危なくて心配なことだと思わないのだろうか。

12

『人面桃花』原文・書き下し文・現代語訳

停まる(とどまる)こと数日(すうじつ)にして、辞去(じきょ)す。 後 のち 数 すう 日 じつ 、 偶 たまたま 都 と 城 じょう の 南 みなみ に 至 いた り、 復 ま た 往 ゆ きて 之 これ を 尋 たず ぬ。

11

恋の和歌 20選【現代語訳】付き

(池の)ほとりに松もあった。

13

人面桃花 現代語訳・書き下し文・読み方

三国-臥竜崗、陶溯(とうそん)注。 請ふ盆缻(ぼんぶ)を秦王に奉じ、以て相(あ)ひ娯楽せん。

14

土佐日記『帰京』現代語訳

便 すなわ ち 要 むか へて家に 還 かえ り、酒を 設 もう け 鶏 にわとり を 殺 ころ して 食 しょく を 作 つく る。 便 チ捨 レ テテ船 ヲ、従 レ リ口入 ル。

17

十八史略 「燕雀安知鴻鵠之志哉」 現代語訳

」 藺相如もこう言った。 此 ノ人一一為 ニ具 ニ言 レ フ所 レ ヲ聞 ク。

19

桃花源記 現代語訳・書き下し文

便ち船を捨てて、口より入る。 思うことには~。 黄髪垂髫、並びに怡然として自ら楽しむ。

12