沿革

(バンコク) 海外 計9社 関連項目 [ ]• 東京貿易(北京)有限公司(北京)•。 株式会社ティービーアイ 国内 計8社• 揚排水ポンプにはさまざななタイプがあり、それぞれのケースで注意すべき点も異なってきます。 10月 - 厚木工場完成、操業開始(現・東京貿易テクノシステム株式会社)。

3

東京貿易テクノシステム株式会社

を設立し、中東ではじめての製鉄所を建設、国外立地・多国間取引に進出 1976年(昭和51年) カナダ・バンクーバーに駐在員事務所を開設 1978年(昭和53年) トヨタ自動車、日野自動車製自動車を中国向けに大量成約し、長年の中国との取引が飛躍的に拡大する 1980年(昭和55年) 豪州B. 31 ;box-shadow:1px 2px 8px 0 rgba 0,200,62,. 検査やリバースの分野で主に使用されています。

9

東京貿易テクノシステム株式会社

(シンシナティ)• 3月 - 東京貿易テクノシステム株式会社設立。 625rem;display:-ms-flexbox;display:flex;-ms-flex-align:center;align-items:center;word-break:break-all;padding:10px;-webkit-transition:. 社マンガン鉱石総代理権を取得、これを機に同社との強固な関係をつくり上げ、豪州市場に絶大な信頼を得る 1967年(昭和42年) モスクワ駐在事務所が、ソ連(現ロシア)政府より自由圏企業第1号として正式事務所の許可を受け、ソ連、中国、東欧など、共産圏に強い東京貿易の評価を得る 1969年(昭和44年) 厚木工場完成・操業開始、計測・デザイン機器メーカー分野へ進出 1973年(昭和48年) ニューヨークのウォルドルフ・アストリアホテルに高級日本レストラン「稲ぎく」を開店し、レストラン事業分野へ進出 1974年(昭和49年) カタールに合弁一貫製鉄所QATAR STEEL CO. 国内や海外へ優れた製品を提供すると共に、自社製品との組み合わせによるトータルソリューションを提供する、 商社とメーカーのDNAを兼ね備えたユニークな三次元関連企業です。 エレベーター設置工事とは、エレベーターを設置する機械器具設置工事のことです。

13

検索結果: 東京貿易テクノシステム株式会社

ニッチ産業に強く、各々の製品では業界トップシェアを誇るモノが多い。 東京貿易マテリアル株式会社• 1995年10月 - 株式会社アムランド(現・株式会社ティービーアイ)設立。

18

検索結果: 東京貿易テクノシステム株式会社

社グレゴリー炭長期輸入契約を締結 1983年(昭和58年) 原料炭供給源の多様化に対応しカナダ・クインテット コール社へ出資 1985年(昭和60年) 米国ニュージャージーにMONITOR PRODUCTS, INC. 4月 - 株式会社東京貿易事務センター(後の株式会社ティービックス)設立。

2

会社概要|東京貿易テクノシステム株式会社

1を目指しています。

4

沿革

を設立、CIS市場の一層の強化を目指す 2008年(平成20年) 東京貿易テクノシステム「厚木オプティカルテクノロジーセンター」完成 2009年(平成21年) 托馬斯(上海)有限公司を改め、東京貿易(中国)有限公司を設立 テービーテック(株)本社並びに東京貿易テクノシステム(株)豊田営業所が豊田新ビルに移転 2011年(平成23年) 東京貿易メディカルシステム(株)を改め東京貿易メディシス(株)に、 東京貿易CIS(株)を改め東京貿易テクノロジー(株)に名称を変更 東京貿易メディシス(株)新社屋竣工 2012年(平成24年) 東京貿易グループ創立65周年記念式典・祝賀会をパレスホテルにて開催 東京貿易グループ愛唱歌「TOMAS~ONE FOR ALL~」を制作 2013年(平成25年) 東京貿易(株)を改め東京貿易ホールディングス(株)に名称を変更し、併せて 資本金を30億円に増資 2014年(平成26年) 資本金を50億円に増資 2015年(平成27年) 東京貿易機械(株)を改め東京貿易マシナリー(株)に、ニイガタ・ローディング・ システムズ(株)を改め東京貿易エンジニアリング(株)に名称を変更 東京貿易メディシス(株)が、会社分割(吸収分割)により東京貿易マシナリー(株) メディカル機器事業部の権利義務を承継。

6

東京貿易ホールディングス

東京貿易マシナリー株式会社• ,Ltdを設立 中国浙江省上虞市に合弁会社上虞東舜耐火材料有限公司を設立、耐火物事業体制を強化 1997年(平成9年) 米国ユタ州・ホライゾン炭プロジェクトに出資、日本電力業界、鉄鋼業界向け一般炭取引の拡大に取り組む カナダ・エコロジック社のPCB等難分解性有機化合物 処理技術を導入、環境分野への本格的参入をはかる 1998年(平成10年) 社内カンパニー制を導入、新しい時代の事業創造型企業グループを目指す 1999年(平成11年) 東京貿易メディカルシステム(株)を設立、医療用自動分析装置の製造・販売事業に進出 豪州・クック炭鉱に出資、非微粘炭の拡大に取り組む 2000年(平成12年) 米国アイダテック社と提携し、同社の燃料電池システムの製造・販売権を取得、新エネルギー分野に進出 2001年(平成13年) 托馬斯貿易(上海)有限公司を設立 2002年(平成14年) 托馬斯(天津)国際貿易有限公司を設立 本社ビジネス・ユニットを新たに「事業部」として再編し「成長・発展への基軸転換」へ 2003年(平成15年) ニイガタ・ローディング・システムズ(株)を設立、営業開始。 トーマス方式 外部リンク [ ]• コンパクトな規模であるが、堅実な経営で、歴史も古く、評価と実績を持つである。 エネルギー業界向け流体荷役機械の開発・製造・販売の一体化を実現中国・済南魯東耐火材料有限公司に川崎炉材(株)が資本参加、耐火物事業を製造・販売両面で大幅に強化 2005年(平成17年) 製鉄用耐火レンガ事業総合化への取り組みとして、中国に当社100%出資の東京貿易(北京)有限公司設立 中国市場内で独自の取引が可能となり、耐火レンガの販売を中心に事業領域の拡大を目指す 2006年(平成18年) 東京貿易機械(株)、東京貿易金属(株)を新設分割により設立、「TB-G」連邦経営に移行 2007年(平成19年) 創立60周年を迎える モスクワにTOKYO BOEKI(RUS)LTD. すでに使用されている事例も含めいくつかのアプリケーションを紹介したい。

東京貿易ホールディングス

グループ会社 [ ]• ) 香港に駐在員事務所を開設 1994年(平成6年) 厚木工場を東京貿易テクノシステム(株)として独立企業化させるなど、積極的に国内外拠点の独立企業化・ グループ会社編成を進め、「東京貿易グループ経営」を本格展開する 1995年(平成7年) 創業社長松宮康夫が取締役会長に、町田弘副社長が取締役社長にそれぞれ就任 中国山東省済南市に合弁会社済南魯東耐火材料有限公司を設立して耐火物の製造・販売事業に進出、同社製品を日本鉄鋼業界に供給しコスト低減に貢献 韓国ソウルに駐在員事務所を開設 1996年(平成8年) シンガポールに現地法人TOKYO BOEKI Singapore Pte. TOKYO BOEKI(AUSTRALIA)PTY. MONITOR PRODUCTS INC. いずれにせよ、まず現場の状況を正しく把握することからスタートします。

6