貸金業登録の要件

(平成19年)1月20日施行)• )の預金又は貯金の口座に払い込まれた場合に当該預金又は貯金の口座に係る資金から当該貸付けの契約に基づく債権の弁済を受けることを目的として、次に掲げる行為をしてはならない。 しかし貸金業法第22条によって借用書の返還はしなければなりませんので、A社の判断で保管することは許されません。

貸金業登録の要件

)に掲げる基準に適合していること。 また、大きな会社ほど社会からの監視の目がより強くなるためより安全性が確保できます。 これが、「グレーゾーン金利」と呼ばれるものです。

16

お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)【貸金業界の状況】

)の当該受託弁済に係る求償権等に係る」と読み替えるものとするほか、必要な技術的読替えは、政令で定める。

上限金利について【貸金業界の状況】

つまり、金融庁へ登録している業者はすべて法律遵守の企業であると判断することができます。 今はインターネットで何でも調べられる時代ですが、それでも不安に感じてしまう時や専門機関に直接相談をしたい時などに大変頼りになります。

貸金業法の概要【貸金業界の状況】

他方、金利負担の軽減という考え方から、今回の改正により、平成22年6月18日以降、出資法の上限金利が20%に引き下げられ、グレーゾーン金利が撤廃されました。 このことを踏まえたうえで銀行系カードローンが貸金業法の対象となるのかということについて考えていきます。 (平成19年)12月19日施行)• 銀行は貸金業法の対象外 最近では消費者金融だけでなく、銀行もカードローンのサービスを提供しています。

貸金業法のキホン:金融庁

しかし、、マスコミ世論、の反発を受けて、グレーゾーン金利の廃止等を盛り込んだ内閣提案改正法案が同年10月31日にに提出され、同年12月13日に成立、同月20日にされた(平成18年12月20日法律第115号、貸金業の規制等に関する法律等の一部を改正する法律)。 商品代金はリース会社へ支払うことになります。

13