猿の惑星 征服|MOVIE WALKER PRESS

この映画、今までのシリーズの中でも設定も話も非常に無理矢理で、これまでの展開に合わせるだけ為の都合の良さばかりで、まあ酷い出来。 しかし、母ジーラ(キム・ハンター)から「未来で猿が地球を滅ぼす」と伝えられたことや息子の死をきっかけに、シーザーは人間と猿が平等に共生する社会を宣言するのでした。 一方、奴隷猿に紛れ込んだマイロは優秀な猿としてオークションに掛けられ、ブレックに買われる。

8

猿の惑星の猿は日本人がモデル?戦時中の実話が元に?|やりすぎ都市伝説2008夏

結果として、40億円以上の興行収入を記録したシリーズなのだが、実はこの作品には、日本人である我々には複雑な気持ちになるメッセージが込められていると言われている。 一作目の「猿の惑星」が良く出来た映画だったので次々と続編が作られたけれど、から転げ落ちる様に見事に駄作化して行き、この「猿の惑星・征服」も前作「新・猿の惑星」以下の酷い出来。

2

猿の惑星・征服: 星野好郎のブログ

一方、磁気に吸い込まれた探索ポッドを助けようとして、母船を飛び出した宇宙飛行士のレオ(マーク・ウォールバーグ)が辿り着いたのは、人間が猿に支配される「猿の惑星」でした。 また、「人間と猿」は「白人と有色人種」の暗喩であるとも言われており、人種問題を語る際に引用されるほど話題になりました。

猿の惑星 こぼれ話し p1

コーネリアスとジーラ夫妻の息子マイロ(ロディ・マクドウォール)は、ブレック知事(ドン・マレー)に「シーザー」という名で飼われていました。 1998. 現在、最新作にしてリブート3部作最終章となる『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』が公開中です。

13

猿の惑星 こぼれ話し p1

そこでテイラー船長は「猿の惑星」が、核兵器で荒廃した未来の地球であるという衝撃的な事実を知ります。

20

猿の惑星・征服 = アスワン総合出

見どころ 監督はドン・テイラー。

猿の惑星 征服|MOVIE WALKER PRESS

詳しい方がおられましたら、ご指摘などお待ちしております。

猿の惑星・征服 = アスワン総合出

アーマンドはマイロを逃がすため一人で警察に自首し、マイロは他の奴隷猿に紛れて都市に身を潜める。

17

猿の惑星・征服 = アスワン総合出

やりすぎ都市伝説2008夏、タカトシのタカが語った都市伝説「猿の惑星に隠されたメッセージ」 知らない人はいないであろう映画「猿の惑星」 その衝撃的な内容に、日本でも大ヒットとなった作品。 その後反乱が起きても、それまで何されても非常に従順だった猿達が急に攻撃的になる理由も描かれないし、一地方都市だけで突発的に起きた猿達の小規模な反乱を描いただけで猿達が地球を征服したという事になるのも無理あり過ぎ。 猿が奴隷として扱われる社会は、アメリカにおいて白人と黒人の中に根強く残る人種問題の隠喩であるとも言われています。

9