「日本学術会議任命見送り問題」、「黒川検事長定年延長問題」と同じ構図で“政権の重大リスク”になるか (1/2)

今でも謎だ。 - 任官。 それでもマークシート方式の短答式で正解することは可能であり、基本原理に基づく論理で、論文式をクリアすることもできる。

7

郷原総合コンプライアンス法律事務所

52頁• しかし、法律の常識を備えている人間かどうかは、直接問を発して口頭で答えさせればすぐにわかる。 皮肉や風刺に溢れた清志郎さんが正にやりたかった真のロックバンドでした。 。

10

【カルロス・ゴーン氏事件が重要局面に!日産との民事訴訟に郷原弁護士が参戦‼】郷原信郎の「日本の権力を斬る!」#42

安倍政権時代から繰り返されてきた「二極対立」の様相を呈している。 安倍氏はこのことを十分認識していたと思います。 そのころ、安倍氏は岸田氏を自らの後継者と考えていたため、菅氏と岸田氏の対立関係が取りざたされるようになりました。

8

河井克行・案里夫妻の公職選挙法違反事件、菅総理に重大な責任あり<弁護士・元東京地検特捜部検事・郷原信郎氏>|ニフティニュース

2008年郷原総合法律事務所開設。 こうして、コンプライアンスに関する活動を生業にできたことで、私は、検察組織の出身者でありながら、検察について、その捜査の根本的な問題点を指摘し、その在り方を徹底批判することが可能になったと言えます。 しかし、今になって考えると、当時の司法試験の「短答式」「論文式」「口述式」の3つのハードルのうち、私にとっての最難関だったのは、受験勉強を本格的に始めて約半年で合格率約10%の短答試験に合格したことでもなく、1年半余りで合格率20%弱の論文試験に合格したことでもなく、論文式合格者のうち1割程度しか不合格にならない口述試験に一回で合格したことだったように思える。

13

郷原総合コンプライアンス法律事務所

ブログでも鋭い直言を放って注目されている。 日本学術会議は、規則で定めるところにより、優れた研究又は業績がある科学者のうちから会員の候補者を選考し、内閣府令で定めるところにより、内閣総理大臣に推薦するものとする。 それ以外は答えられない。

14

郷原 信郎

郷原さん!そう思いませんかね。 同サイトは、2016年7月から4年以上にわたって、毎月、或いは隔月で公開、私の独自のコンプライアンス論の視点から、世の中の様々な組織の不祥事について論じてきました。 それが、私がこれまで貫いてきた「長いものには巻かれない生き方」です。

9

「日本学術会議任命見送り問題」、「黒川検事長定年延長問題」と同じ構図で“政権の重大リスク”になるか (1/2)

「なぜ?」と聞かれ、「国技ですから」と答えたところ、試験官は大笑いしていた。

17

郷原信郎 ニュースブログ・テーマ

2009年10月に総務省顧問になる。 自民党の現職として当選を続けていたのは、岸田派の重鎮である溝手顕正氏です。 議員から相当額の寄付を(返還分として)受けることを検討したい。