太宰治 富嶽百景

しょうせつのおもしろさ• 「いまごろは、あの男も、磔にかかっているよ。

11

太宰治 『晩年』

しかし、女房が見舞いに行けば、私は子供のお守りをしていなければならぬ。 メロスは、わが身に鞭打ち、ついに出発を決意した。 私は、眠れず、どてら姿で、外へ出てみた。

12

『ア、秋』太宰 治 ◀ えあ草紙・青空図書館(無料・縦書き)

私も君を、欺かなかった。

2

『惜別』太宰 治 ◀ えあ草紙・青空図書館(無料・縦書き)

「ほんとうに、言葉は短いほどよい。

1

『葉』太宰 治 ◀ えあ草紙・青空図書館(無料・縦書き)

。 読み続けるうちに、その負の感情がひっくり返るときが来るんです。

5

太宰 治 作品リスト ◀ えあ草紙・青空図書館(無料・縦書き)

短編の第1位は『走れメロス』です!学生の頃、国語の授業で読んだという人も多いのではないでしょうか。