スフィンクスを漢字で書くと?: 青空の下で。

各文化のスフィンクス [ ] 古代エジプト [ ] 雄羊の頭のスフィンクス エジプトにおけるスフィンクスは、と呼ばれる頭巾を付けた(王)の顔とライオンの体を持つ、神聖な存在である。 一方、はエジプトの合成獣を描写する際にこの名詞を「Androsphinges」と男性化したが、これが男性スピンクスの唯一の例である。 これは何か」というを出し、解けない者を殺して食べていた(別の道を通ってスピンクスを避けることは可能だったが、それでは遠回りになってしまうため住人にとっては非常に不便だった)。

19

スフィンクス

動物や鳥の頭部を持つものも見受けられる。

3

スフィンクス

本来はエジプト神話の生物であるが、非常に古くからギリシア神話にも取り入れられていた。 人間は赤ん坊の時には四足で這い回り、成長すると二足で歩き、老年になると杖をつくから三足になる」と答えられると、面目を失ったスピンクスは岩の台座から飛び降り、谷底へ身を投げて死んだという(アポロドロス、ヒュギヌスなど)。

14

スフィンクスを漢字で書くと?: 青空の下で。

高い知性を持っており、謎解きやゲームを好む。

スフィンクス

スフィンクスをモチーフにした芸術作品 [ ] 絵画 [ ]. また、死を見守る存在とする考え方もメソポタミアにて生まれたとされる。 概要 [ ] における本来の名は不明だが、ギリシア語名は古代 シェセプ・アンク( szp 3nh, シェセプ=姿・形 アンク=再生・復活の神 「アンク神の像」の意)に由来するのではないかとする説がある。 一説によれば王の娘であり(アレクサンドリアのリュシマコス)、これによればとは兄弟となる。

5

スフィンクス

スピンクスは女性名詞であり、では「獅身人面像」または「獅身女面像」と訳される。

7

スフィンクスを漢字で書くと?: 青空の下で。

メソポタミア [ ] メソポタミア神話(バビロニア神話)における スフィンクスは、エジプトとは異なり、ライオンの身体、人間の女性の顔、のを持つ怪物とされた。

6

スフィンクス

。 。

14