「ウィレム・デ・クーニング」のアイデア 100+ 件

彼の作風は抽象表現主義の中でも 「カラー・フィールド」と呼ばれているそうです。

8

ウィレム・デ・クーニング

In the post-World War II era, de Kooning painted in a style that came to be referred to as Abstract expressionism or "action painting", and was part of a group of artists that came to be known as the New York School. 1969年から1970年代半ばにかけて、ヘンリー・ムーアの勧めもあって彫刻を制作、人物が溶解するようなフォルムをつくっている。 そのころ習得した技術がアメリカに渡ってからの生計の助けにも、また本格的な画家としての活動の基礎にもなった。 ホイットニー美術館、ポンピドー・センター、ベルリン芸術アカデミーで巡回回顧展 1989 高松宮殿下記念世界文化賞・絵画部門受賞 1990 画筆を断つ 1994-95 ワシントン・ナショナル・ギャラリーで回顧展。

10

1枚300億円以上も?!現近代絵画を語る上ではずせない有名画家の高級絵画5選

2015年5月11日にニューヨークのクリスティーズで競売にかけられ、カタール前首相で大富豪のハマド・ビン・ジャーシム・ビン・ジャブル・アール=サーニーが約1億7900万ドルで購入しました。 2017年現在、マーケットに流通している作品ではウィレム・デ・クーニングの絵画が最も高額となっています。 自己紹介 名画の摸写が趣味の中年。

13

《発掘》ウィレム・デ・クーニング|MUSEY[ミュージー]

画面にはいかなるオブジェクトもなく、特定の感情をはっきり描写しているわけでもありませんが、鑑賞者には動きの感覚を呼び起こすよう意図して描かれているそうです。 ニューマンの絵画は「Zip」と呼ばれる細い縦の垂直線が現れた絵画が特徴であり、50年代を中心としてみられる《アブラハム》《アダムとイヴ》など旧約聖書に由来する題名の作品と合間って、その作品からはどこか教会のような、宗教的な印象を感じられます。 激しい筆のストロークと計算された構図の本作は1955年に描かれたものであるが、この作品は 1940年代から1950年代にかけてのクーニングの主題や技術を融合した完成度の高い作品である。

17

アメリカ・ニューヨークの代表的美術 抽象表現主義を学ぼう

しかし、それとは逆に「純粋な抽象表現こそが現代アメリカ絵画の最先端である」と主張する当時のアーティスト仲間たちや批評家たちからは、この中途半端ともいえる絵は冷笑されてしまうのです。 筆のタッチも激しく、一見すると殴り書きのようだが、その奥にオランダで基礎を勉強したデッサン力を秘めたセンスが隠れている。 しかし、その画面を冷静に観察すれば、平面における色彩とフォルムの関係、空間の暗示との両面にわたって、ヨーロッパの伝統と古典的な絵画構造にのっとっていることがみてとれる。

3

河内タカの素顔の芸術家たち。ウィレム・デ・クーニング — This Month Artist: Willem de Kooning

取引額は224億円!「ナンバー17A」 「ナンバー17A」はポロックの代表作の1つです。 デ・クーニングは、1930年代半ばまでは、商業美術の仕事で生計を立てていた。

2

デ・クーニング 流動感と乾いた色彩

2015年11月に元所有者のデヴィッド・ゲフィンからシタデル・インベストメントの創業者、ケネス・グリフィンに個人間取引された『インターチェンジ』の絵画は3億ドル!!日本円にして336億円となっています。

16

ウィレム・デ・クーニング【A Retrospective】

要するに、彼の描き方がニューヨークの抽象スタイルに触発され進化していき、それが次第に抽象画のようになっていったという言い方ができるかもしれません。 実物はもちろん、雑誌に登場するモデルたちも。

10