ホルムズ海峡における機雷の除去に関して

中曽根内閣の後藤田正晴官房長官は、イラン・イラク戦争下のペルシャ湾に掃海艇を派遣しようとした首相に『閣議でサインしません』と迫り、断念させたというエピソードを持つ。

11

vol.27 軍と民それぞれの論理と海上労働 9 — 羅針盤を発行する会

第2次第1掃海隊(11月15日編成)• そこで、掃海隊の作業は秘密裏に行うことになった。 この時、当然ながら我が国は沿岸、領海(当時は 3カイリ)及び周辺海域の公海上で機雷の除去を行っている。

6

日本財団図書館(電子図書館) 私はこう考える【自衛隊について】

「掃海隊の実戦」は、終戦後も続いていたのです。 「機雷はありません」と、安心と安全を保障できる掃海部隊が存在するだけでも意味があります。 2.遺棄機雷の判断はどうすべきか? 平時の場合は問題ないが、では、戦時にはどうすべきかが問題である。

7

海自「掃海隊」は実戦経験豊富?太平洋戦争の後片付けを長年継続

掃海派遣部隊編成 [ ] 補給艦「ときわ」(左の艦)• 3月2日のを、翌3日は受諾し、また4月3日のを、同6日イラクはこれを受諾し、4月11日に停戦が発効した。 一方、機雷掃討時には、長時間低速航走する必要があり、また、放射雑音およびキャビテーションノイズ低減の利点もあることから、低速時用の補助推進装置として方式を併用する場合も多い。

海自「掃海隊」は実戦経験豊富?太平洋戦争の後片付けを長年継続

一般の艦艇とは運動性とスケール感覚が違う 掃海艇におけるスケール感は、一般の艦艇とは異なるものです。

8

旧日本海軍1200人が朝鮮海域で掃海作業 秘匿された戦死者

のの質問に対する日本国政府(中曽根政権)の回答においても、掃海部隊の派遣は米国極東海軍司令官の指令に従って行われたとされている。 所属艇:MS24, MS19, MS02, MS04, MS05, MS07, PS48• 親爺は、憲法違反を見事にやってのけたわけだ」と大久保に語ったという(大久保前掲書、 339頁)。 日本は朝鮮戦争当時、旧日本海軍の掃海部隊を派遣し、実は戦死者を出している。

5

掃海艇

サンドイッチ - ()、など• 派遣部隊隊員総員 - 国際貢献記念章の また、この掃海作業により海自の掃海・掃討能力は技量についてはともかく、装備については諸外国に(特に掃討分野で)大きく劣ることが明らかになった。

掃海艇を派遣しようとした戦争は?中曽根元総理【ニュース検定】答えと解説池上彰

またこれに関連するペルシャ湾の安全航行確保問題に関する質問主意書 及び政府答弁書 がある。

19