商船三井/WAKASHIO座礁・油濁事故で特設ページ開設

例えば、乳化剤などは使用していない。 これに対してジャグナット首相は謝意を表明した。

10

モーリシャス座礁原因や場所は?商船三井や日本政府の対応は?

その時は一般のボランティアがひしゃくを使って重油を回収していたのですが、下記の影響を受けました。

19

貨物船(ばら積み) WAKASHIO(商船三井) 299m

こういった時も船主を精一杯支援していく」と答えた。 社内の人材も現地に派遣して対応する」(小野副社長)。

8

商船三井、座礁船事故の特設ページ開設

仮に、商船三井が「危険な運航をする企業とは取引をしない」とステークホルダーへの監視を強化していたら、今回の事故は発生しなかったかもしれません。

9

WAKASHIO 座礁および油濁発生の件(その2)

『日経産業新聞』、2020年9月24日• その上で、「油の流出・拡散防止と漂着した油の回収に全力で取り組む」と説明した。 池田社長は「法的責任は一義的には船主が負うべき」としながら、法的責任だけでは全て整理できないとして追加支援に乗り出す考えを示した。

13

モーリシャス座礁事故、長鋪汽船と商船三井が共同会見。運航船社に求められる「社会的責任」とは。

つまり、モーリシャスには多様な生物が生息した保存地域があり、今回の事故が生息する動物たちに多大な影響を与えてしまうことが、国際社会から注目を集めている要因の1つなのです。 (12月04日)• モーリシャス座礁の責任は船長? 運航していた「WAKASIO わかしお 」の乗組員も長鋪汽船が乗せているので責任は長鋪汽船にありますが、航行していた船長は事故が起きる際、どういった行動をしていたのかも大事になります。

2