ノニトドネアVSニコラスウォータース。ドネア初のKO負け【動画あり】

10月19日、米国ロサンゼルスのスタブハブセンターで行なわれたWBA世界フェザー級王座統一戦、ニコラス・ウォータース対ドネア戦のTKOタイムは6ラウンド2分59秒。 WBO公式サイト 2018年5月23日• Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月27日. 踏み込みも鋭く、ジャブもよく伸びる。 ロマチェンコの評価を グーーーーーんっと跳ね上げた 出世試合。

13

ニコラス・ウォータースってやっぱりカッコよかったよな。ノニト・ドネアをKOした試合は最高だった。でも内山高志なら勝てる可能性があったと思う │ Frentopia

の所属。 。

15

ロマチェンコ×ウォータースの感想

存在が漫画的で面白いですが、体格、パワーで優位に立てなければ普通の選手だとおもいます。 対するロマチェンコ 彼はアマ時代、ライト級を主戦場にしていた時代があります。

ワシル・ロマチェンコ

さらに、リーチを最大限に活かしたジャブ。 アマチュアボクシング:397戦 396勝 1敗• サリド戦の教訓が次戦では見事に改善されラッセルjrをも 完封しました。 しかし……「(相手は)とてもタフだったし、サイズの違いもあって動きが取れなかった」。

ニコラス・ウォータース

ただ、案外とこいう時に限ってコケる可能性もありますね。

「ベストを尽くした」ドネアに戦慄の結末=5階級制覇の名ボクサーのKO敗を考える

身体能力は高く、いままでの勝利は技術もさることながら、相手とのパワー差が顕著だ。 無名だが強く、アマで負けているミゲル・マリアガの挑戦を受けるにあたり、ウォータースは体重超過をしでかし、勝利とともに信用を失った。

2

ノニトドネアVSニコラスウォータース。ドネア初のKO負け【動画あり】

Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月27日• もちろんランク入りするだけでも 凄いことですが笑 それでも今のロマチェンコを 知っていると、まだまだ当時は 評価が固まっていない時期だった。 先日、WBA世界S・フェザー級王者の内山高志が2016年に海外進出するとの噂が出たことで日本のボクシングファンが色めきだっている。

13