【新型 スペーシア マイナーチェンジ 2020】変更点、デザイン、価格予想など、最新情報!

初代モデルは2013年3月から販売を開始しており、丸5年でのフルモデルチェンジを行う。

3

2020年スペーシアが初のマイナーチェンジ!!何が変わったのか?

駐車場などでの操作ミスによる衝突回避に貢献します。 「標識認識機能」で認識する標識に車両進入禁止に加え、はみ出し通行禁止・法定速度・一時停止を追加• ボディ側面の面積が大きく、またタイヤのグリップレベルが低いため、横風や路面の突起で進路を乱されやすく、ステアリングの修正がしょっちゅう求められるためです。 スペーシアカスタムZはボンネットを水平とし、グリルをバンパーまで大型化したデザインで人気になり、2017年10月にスペーシアカスタムの販売が終了されたあとは、スペーシア唯一のカスタムモデルになっていました。

6

新型スペーシアのフルモデルチェンジは2020年に前倒しか!ライバル車が続々とフルモデルチェンジを実施が影響|KEIVEL|軽自動車人気ランキング

ただ、車線逸脱抑制機能や車線中央維持支援機能は未だ搭載されていませんので、自動運転技術では「N-BOX」や「タント」、「ルークス」や「eKスペース」よりも劣ることになるでしょう。 後退時ブレーキサポート 軽自動車で初採用 リアバンパーに内蔵した4つの超音波センサーが車両後方にある障害物を検知すると自動ブレーキを作動させる。

11

【新型デイズ&eK】マイナーチェンジ2020による違いや変更点~2車の違い、ルークスやeKスペースとの違いまとめ

新型ハスラー同様に、新開発「R06D型」エンジン(NA車)と新開発CVTを組み合わせた新しいパワートレインを採用、軽快な走りと低速域から中高速域までの実用的な速度域で優れた燃費性能を実現。 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない• ・ふらつき警報機能 ふらつきを検知すると、警報で注意を促します。 恐らくオプションかと思いますが、デニム調のシートカバーもカジュアルな感じです。

5

【新型 スペーシア マイナーチェンジ 2020】変更点、デザイン、価格予想など、最新情報!

ツールグリーンパールメタリック• アップ幅はエントリーグレードで5万円ほどとなっており、充実した装備がアピールされています。

2

スズキの軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」がマイナーチェンジ。安全装備の拡充や新ボディカラーの設定などを実施

スペーシアカスタムは、モノトーンが9色、ツートンカラーが5色用意されています。 1の燃費」を目指す 次期マイナーチェンジで誕生する新型ラパンは、スズキの次世代テクノロジー「マイルドハイブリッドシステム」を搭載する可能性があります。 「3Dビュー」表示は、車両を斜め上空から見たような映像の「室外視点」と、運転席からの目線で車体を透かして外を見るような映像の「室内視点」の2種類の表示が用意され、好みに応じて切り替えられるようになっています。

3