ニュース女子の沖縄リポート放送をめぐる騒動

(タレント)• AP:百瀬和代 BOY'S• 収容所の中の話というのは聞いたことある方いらっしゃるでしょうか。

17

「ニュース女子」問題、MC勤めた東京新聞副主幹が「言論の自由」を主張

(ビジネス書作家)• 例えば、『ニュース女子』の取材班が、「基地反対派の暴力で抗議活動が行われている現場までに近づけない」としていたことについて、長谷川氏は 「普通のメディアは報じようと思っても報じられないの?」と話をふっていたが、沖縄県外の新聞・テレビ局各社が抗議活動が行われている現地に、何の問題もなく、何度も取材に入っていることは、報道関係者ならば、当然知っていたことであろう。 よろしくお願いします。

15

「ニュース女子」放送継続か中止か 対応分かれる地方局:朝日新聞デジタル

依田啓示の主張 [ ] 番組に出演した東村「カナンファーム」経営者の依田啓示は、から「かなり恣意的な取材」を受け、デマの発信者とされた旨を主張している。 そういったことに関して、現場でいろいろ制度だとか法律とかあるわけなんですけれども、でも実際に重要なのは、それがどのように運用されているかということなんです。 問題となっていたのは、昨年1月2日の放送回。

6

「ニュース女子」問題は終わっていない

美術進行:椛田学• 沖縄タイムス 2017年1月12日• 美術協力:• そういうような案件が、実は認められていないわけです。 「番審は全放送局が設置を義務づけられているが、十分に活用されていない。 デザイン:坪田幸之• 場合によっては、放送直前であっても、内容の修正や差し替えなどが行われることもある。

『ニュース女子』#91

それで、だけどもやっぱり難民の、自分は危ないと、帰ったら危ないと思っている方は帰れないんです。

2

ニュース女子

収容されていつ出られるか分からないわけだから。 番組では、現地で基地建設への抗議活動をしている人たちに「のりこえねっと」が日当を支払っているなどという内容が報じられた。 もちろん住所変更は入管に全部言っていかなければいけないんですけれども、自分はどこどこに引っ越しましたっていうのを言っていかなければいけないんですけれども、それは別にそんなに遅れたところで収容されることはまずなかったんです。

2

MX「ニュース女子」問題の1年 沖縄デマはどのように作られ、否定されたか

キー局の自社制作比率は9割前後だが、ニュース女子の放送を続ける地方局の場合、5~13%(日本民間放送連盟調べ、2017年4月)だ。 「なぜ韓国や朝鮮の人が反対運動しているの?」と疑問を投げかけることはヘイトスピーチなのか• (ラジオパーソナリティ・DJ) - 2016年12月2日• 「放送を続ければ、うちの信用に関わると考えた」 では放送を続ける局にはどんな事情があるのか。

13

「ニュース女子」問題は終わっていない

委員長の川端和治は、捏造であるとする議論はなかったとして「審理」とはしない判断をし、「きちんと裏取りが出来ていたかどうかが問題になる」と述べている。 芸能人及びエキストラの一般人2人ずつの出演が原則だが、エキストラの中にタレント活動をしている者、法律について扱う場合は女性弁護士の出演があったが、2017年から参加者全員が何かしら、芸能の仕事をしている人間の場合がある• ただ、あえて言わせてもらうならば、長谷川氏がやめるべきなのは、東京新聞だけではない。 ですからそういう中で、はさみとかで体を切ったりだとか、洗剤飲み込んじゃったりだとか、そういう自殺未遂をやるわけです。

3

『ニュース女子』#91

今月26日が同局での最後の放送になる。 (当時: 社長)• そういうのも、言葉もひどいし、収容されているほうは返せないじゃないですか。 しかも入管の職員たちは非常に偉そうにしているし、ばかにしてくるし、おまえはここから出ることできないんだだとか、帰るしかないんだというようなことで、毎度毎度そういった嫌みだとかそういう恫喝(どうかつ)を受けたりだとかして、おまえの言っていることはうそに違いないとか、そういうような難民だって言っている人に対してうそに違いないとか言ったりだとか、そういうようなことを言ってくるわけで、ストレスが本当に半端ないわけです。

16