32歳会社員が、「リーグ・オブ・レジェンド」で本気で上を目指してみた(第1回)

ランクの節目と目標 現在のランクの振り分けを見ていて、特定のティアのスキルレベルの範囲が広すぎたり、特定のティアに多くのプレイヤーが集まり過ぎていることに気付きました。 ご安心ください、代わりにディビジョン数を5個から4個に減らします。 問題のひとつに、複数のポジションでプレイしているハードコアプレイヤーの存在が、現在のシステムでは十分に考慮されていないという問題がありました。

10

8割以上セカンドロールに行かされる今のランクシステムについて。

シンプルな今のままにしておけばいいだろ? Fiora 誰かロール毎のマッチメイキングが馬鹿なアイデアだと思うやつはいないの? 他の変更は全部賛成だけど、これはダイナミックキュー2. 「ランク戦」の準備 得意レーンの宣言 ランク戦ではノーマルと違い、自分の一番得意なレーン(メイン)と、二番目に得意なレーン(サブ)を宣言してマッチングに入ります。 そして、負けてもLPは減りません。

17

2019年ランク新要素

友達と対戦したり、一人でAI相手の操作練習などに活用します。 所持しているチャンピオンのみ使える ランク戦では、所持しているチャンピオンのみ使用可能。 5vs5で戦うMobaと呼ばれるジャンルのゲームです。

17

/dev diary: 2019年 ランクの新しいティア&振り分け戦

でも改めて計算して分かった事だが とんとんか1~2試合勝ち越しくらいなんですよ。 また、次に勝てばどこのランクに行けるのかもわかるようになり、 よりプレイヤーの闘志を燃やしてくれるわけですね! 10戦終えて初めて自分がどこのランクに行くか分かるサプライズ感も有りでしたが 笑 また新しい情報が入り次第お伝えしていきたいと思います。 32チームで行われるオンライントーナメントで8位以内に入るとプロモーショントーナメントに参加できる。

2

lol lpの上げ幅が少なくなった時にどうやって抜け出したか!?

プレイヤーの成績に基づいて評価するシステムを押し付けることはしたくありません。 改悪だよ。

20

2019年ランク新要素

成長の余地 2013年に現在のランクシステムが導入されて、プレイヤーにゲームプレイの節目となる、意義のある目標が提供されました。