カランコエの育て方とは? 水やりのコツや肥料の与え方、挿し木での増やし方などについて解説【カインズ花図鑑】

夏の暑さに弱る 真夏は直射日光が強すぎて葉焼けしますし、少々暑さにへこたれる性質なので、真夏だけは直射日光を避けて風通しの良いか日陰へと移動します。

19

カランコエの育て方|挿し木や植え替えの方法、花が咲かない原因は?

夕方17時~朝7時くらいまで遮光するようにします。 一般的にカランコエと言えば、可愛らしいカラフルな花を想像する人が多いと思うのですが、胡蝶の舞は、どちらかというと葉を楽しむ観葉植物のようです。 挿し木をした後、根がしっかりつく1ヶ月くらいの間も同じように管理しましょう。

13

カランコエが大きくなりすぎた時は?挿し木で小さく戻す方法

また、残す葉の量ですが大きくなった葉は切り取り、葉の数を減らします。 カランコエは丈夫な植物でもあるので、 なかなか枯れないし、育てやすいものです。

11

カランコエの育て方とは? 水やりのコツや肥料の与え方、挿し木での増やし方などについて解説【カインズ花図鑑】

逆に、カランコエは高温多湿に弱い植物です。 ただし、この時カランコエが全て沈まないよう、茎だけが水につくように工夫が必要です。 丈夫で育てやすいカランコエ「 胡蝶の舞」は、知らない間にどんどん大きくなります。

カランコエ(ウェンディ)の育て方や増やし方【マンギニー種】

根株を3分1くらい崩して1回り大きな鉢に植え替えます。 スキマができないように、割りばしなどで土を押し込むといいでしょう。

【カランコエの育て方】 切り戻し(剪定)・挿し木のタイミングは?

根付いてきたら、段々と日に当てることに慣れるよう置き場所を変えていきます。

カランコエの育て方|挿し木や植え替えの方法、花が咲かない原因は?

日照時間が短くなると花を咲かせる「 短日性」です。

19

【カランコエの育て方】 切り戻し(剪定)・挿し木のタイミングは?

この性質のため、ヨーロッパではクリスマスの花として長年親しまれてきました。

16