中小企業の定義は法律によって異なる

弁護士法に基づく弁護士法人• 附 則 施行期日 第一条 この法律は、内閣法の一部を改正する法律 平成十一年法律第八十八号 の施行の日から施行する。 商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律(小規模事業者支援法)、中小企業信用保険法、小規模企業共済法の3法においては、政令により宿泊業及び娯楽業を営む従業員20人以下の事業者を小規模企業としております。 (租税特別措置法第42条の12の4、同法第42条の6、同法施行令第27条の6、中小企業等経営強化法第2条) つまり、一部の優遇税制には税法と中小企業基本法の2つの基準があり、5,000万円を超える一定の業種は、こうした税制を受けられなくなるおそれがあるということだ。

5

中小企業の定義とは?資本金額?小規模企業者、大企業との違いも解説

中小企業の経営をサポートする各種制度についても、その制度の主旨に応じた利用要件が決められているため、よく確認し、対象企業に該当する場合は積極的に活用しましょう。 中小企業関連立法においては、政令によりゴム製品製造業(一部を除く)は、資本金3億円以下または従業員900人以下、旅館業は、資本金5千万円以下または従業員200人以下、ソフトウエア業・情報処理サービス業は、資本金3億円以下または従業員300人以下を中小企業とする場合があります。

3

中小企業基本法|条文|法令リード

もちろん、うまく使えば必ず得をする制度であることから、設立や増資などの際には、それに伴い税金がどう変わるのか、慎重に検討し最適解を導き出していこう。

1

中小企業庁:「中小企業・小規模企業者の定義」

近年、中小企業で働く従業者数は年々低下しています。 この均等割の最低額は7万円だが、資本金等の額が1,000万円を超えると金額が上がってしまう。

中小企業もメリットたくさん? 税制上の優遇措置まとめ

Q6:社会福祉法人、医療法人、特定非営利活動法人、一般社団・財団法人、公益社団・財団法人、学校法人、農事組合法人、農業法人(会社法の会社又は有限会社に限る。

10

中小企業とはどんな企業か?今さら聞けない定義を解説

平一一法一四六・全改 国の責務 第四条 国は、前条の基本理念 以下単に「基本理念」という。 新しい事業を生み出すために必要や設備投資や試作品製作を支援する補助金制度の他、全国で実施されている中小企業向けの支援情報を検索できる「施策マップ」も便利です。

14