イシュタル(Fate) (いしゅたる)とは【ピクシブ百科事典】

メスラムタエア:シュメールの神。 関連人物 生前 何かと因縁のある古代の王。 エレシュキガルは怒り、冥界の掟に従ってイナンナが7つの門をくぐるたびに身ぐるみ剥がし、全裸となったイナンナを捕えたエレシュキガルは、イナンナに死の眼差しを向け殺害、その死骸を鉤に吊るした。

20

イシュタル(Fate) (いしゅたる)とは【ピクシブ百科事典】

顔は伏せてあるが、衣装類はチェックできる。

10

エレシュキガル

効果は「 発動の次ターンに自身の攻撃力をアップ」というもので、の「支援砲撃 EX 」のような仕組みで発動をすると思えば想像はしやすい。 、151,178頁。 マアンナはメソポタミア世界を駆ける神の舟であり、地球と金星を結ぶ星間転移門(ゲート)でもあるが、疑似サーヴァントであるため、基本、ワープ機能は封じられている。

イシュタル(Fate) (いしゅたる)とは【ピクシブ百科事典】

関連項目 [ ]• 欠点は守勢に回ると脆いということ。 イシュタルの方はというと、1部七章終盤、まだ彼に未練があるような言葉を独り言で漏らす。

9

イシュタル(Fate) (いしゅたる)とは【ピクシブ百科事典】

、101-103,108頁。

13

エレシュキガル

また、過去に公式絵師の1人であるPFALZ氏 やのイラスト担当 が個人的な同人誌でイシュタルのビジュアルを作成している。 ゲームではマアンナで金星の近くにワープし、そこから金星の概念を手中に収めてそのまま弾として射出する。 作中の説明によると遠坂凛は依り代となった際に善の心と悪の心に別れ、それぞれイシュタルとエレシュキガルになったらしい。

エレシュキガル

女神イシュタルの数多の権能のうちの一つを顕す大王冠が輝き、様々な効果をもたらす。 タグ付けの際の注意点 イシュタルのみが描かれた作品に「遠坂凛」タグが付けられることが非常に多いが、遠坂凛と二人で描かれた作品が探しにくくなる、また遠坂凛の作品検索の妨げにもなるため、 イシュタルを指すタグとして「遠坂凛」を使用するのは避けることを推奨。

エレシュキガル

上記のは、を呼び出したが、バビロンの淫婦とこの獣は少なからず関係があるため、の発言はこれらと関係があるのではないかとされている。

17