アブラハム合意

- ()は両国の国交正常化を非難し、アラブ首長国連邦の選択が中東の人々にとって忘れがたく、許しがたいものとなるだろうと発表した。

20

国連総会:トランプ大統領、アブラハム合意によって中東に楽観的な見通しがもたらされたと言及|ARAB NEWS

イスラエルと首長国の関係を正常化することは、両国民の利益となり、中東と世界の平和の大義に貢献するという信念を強調し、この歴史的な成果への深い貢献のために米国に深い感謝の意を表明する• — The White House WhiteHouse イスラエルは1948年の建国以来、周辺のアラブ諸国と対立してきた歴史的背景がある。

12

アブラハム合意の成立

サラはアブラハムに2人を追い出すように言いました。 両国の永続的な平和、安定、安全保障及び繁栄を確保し、両国のダイナミックで革新的な経済を発展させ、強化することを決意し、外交的関与、経済協力の強化及びその他の緊密な協調を通じて、関係を正常化し、安定を促進する• 僕はそれを自分で読んだ訳ではありませんが、イスラムからクリスチャンに回心した人が、そう証言していました。 、やはり米国の仲介で、イスラエルと暫定政権が国交正常化で合意した。

8

インテグリティ・インター

過ぎ去った4年間を振り返ると、米国民、中でも特に信仰を持つ人々にとっては誇らしく思うことが多くあります。 両国の永続的な平和、安定、安全保障及び繁栄を確保し、両国のダイナミックで革新的な経済を発展させ、強化することを決意し、外交的関与、経済協力の強化及びその他の緊密な協調を通じて、関係を正常化し、安定を促進する• 民主党の大統領候補のジョー・バイデン前副大統領は、今回の合意を歓迎するコメントを寄せ、自らの当選後も同様の取り組みを進める方針を示した。 両国は、この地域のすべての人々のために平和、正義、繁栄の大義を推進するためのたゆまぬ努力とユニークで現実的なアプローチを行っているドナルド・J・トランプ大統領に対して、深い感謝と賞賛の意を共同で表明する 評価と批判 [ ] のは、国交正常化はUAEが「基本的にパレスチナの大義」を捨てたものであり、「我々のような自由主義国、民主主義陣営にとっては極めて喜ばしい、歓迎すべきもの」と主張した。

9

国連総会:トランプ大統領、アブラハム合意によって中東に楽観的な見通しがもたらされたと言及|ARAB NEWS

それを「している」「して来た」事しか、人は見ない、評価しない、信じなくなったからです。 。 ただし、セルビアの在イスラエル大使館移転については、米国の独断だったのでは無いかという報道もある。

16

アブラハム合意の成立

イスラエルへの憎しみも増していき、そしてキリスト教への憎悪をたぎらせた堕天使・ルシファーがこの地に降り立つのだ。 和平合意の中心は、パレスチナの人々が権利を主張する土地の併合をイスラエルが停止することだったが、UAEのアブドラ・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン外相はホワイトハウスでの演説で、ネタニヤフがその動きを休止したことを称賛した。 ドナルド・トランプ大統領の下では、信教の自由を守ることが、米国の外交政策の不可欠な要素となっています。

アブラハム合意の成立

「アブラハムに与えられた約束」の元に、お互いを祝福する事は、誰もが納得しうる解決策です。 我々は、人類を鼓舞し、人間の可能性を最大にし、より緊密な国家間協力をもたらすために、科学、芸術、医学および商業を支援する• 「いのちの行進 」で講演した初の副大統領になれたことは、私にとって栄誉なことでした。