共和クリティケア株式会社: 会社概要

をはじめ注射剤を主力とするの製造・販売、医療用医薬品の受託製造を主軸としている。 5g、水、10mL、100mm) KEGG DRUG 取扱い上の注意. 共和薬品は2007年10月にインドのルピン社と資本提携し、ルピン社が弊社株式の過半数を取得した。 訂正します(30日12時 訂正済み). 17年1月には今回問題が指摘されているソフトバッグ製剤ラインを新設していた。

13

医療用医薬品 : 塩酸ドパミン (塩酸ドパミン注キット200 他)

本誌の取材によると、エダラボンの製造は、共和クリティケアのほかニプロなど、少数の企業に集中している。 一般名 パンテノール 一般名(欧名) Panthenol 化学名 D- + -2,4-Dihydroxy-N- 3-hydroxypropyl -3,3-dimethylbutyramide 分子式 C 9H 19NO 4 分子量 205. 吸湿性である。 こちらでも書かせて頂きましたが、クリーンルーム内が綺麗な状態が保たれているか確証がとれなかったのだと思います。

13

共和クリティケア厚木工場が発端の2020年8月3日の自主回収

今後も、患者様・医療従事者様・日本国内外の製薬企業様から信頼され、社会的存在価値のある企業として発展するよう一層の自己研鑽を積んでまいる所存です。 輸液や注射剤を専門に受託製造しており、他の製造品への波及を懸念する声が早くも聞かれる。 )は、に本社を置くである。

17

沢井・東和 エダラボンなど共和クリティケアの受託製造品を自主回収 環境モニタリング試験に不備

また共和クリティケアの前身であるアイロム製薬の株式を取得。

9

共和クリティケア厚木工場が発端の2020年7月31日の自主回収

今後は、Neopharmaグループ傘下にあるneo ALAの子会社として、上記事業のみならず、新たな剤型による事業や国外市場への輸出事業を積極的に推進してまいります。 最近医薬品回収が続いていますが,今回の件については少し気になる部分がありました. なかなか公にできない部分があるのも承知しているつもりですが, これからのことを考えると,医療現場では少し整理していただきたい, と感じることもありまして,書かせていただきました. Don't Panic• どこまで広がっていくのかわかりませんが、ここまで大きいと共和クリティケアの経営が危ない可能性があります。 さらに、細かい特許が残る部分があり、企業が単独で製造するハードルを指摘する声もある。

15

共和クリティケアの評判/社風/社員の口コミ(全22件)【転職会議】

共和クリティケアに対し、倍旧のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 精神科特化戦略のスタート 1997年03月 兵庫県三田市ゆりのき台にリサーチセンターを新築移転 1998年07月 ベーリンガー・マンハイム社のGE全品目の営業権を取得、精神科製品群の拡充を図り、特化戦略を全国展開させる 2001年09月 バイエル社のオスポロット錠の製造承認および営業権を取得、ブランドGEビジネスに本格参入 2003年05月 宇治製薬株式会社製品の営業権を取得 2004年10月 エムジーファーマ株式会社製品の販売権を取得 2005年05月 物流業務を全面的にヤマトロジスティクス株式会社に委託 アウトソース 2005年07月 インド・ルピン社と協力契約締結 2007年10月 インド・ルピン社と資本提携し、ルピン社が弊社株式の過半数を取得 2011年11月 アイロム製薬株式会社(現 共和クリティケア)の全株式を取得 2016年08月 塩野義製薬より長期収載品の製造販売権を取得 2017年02月 アステラス製薬のビプレッソ徐放錠に関する販売委託契約を締結 2017年03月 鳥取県鳥取市に鳥取工場竣工 2017年12月 大阪市北区中之島フェスティバルタワー・ウエストに本社移転 2019年9月 共和クリティケアの株式をneoALA株式会社に譲渡 2019年12月 Lupinグループから独立 (LBO方式によりユニゾン・キャピタルグループが共和薬品のルピン保有全株式を譲受). 自主回収する製品 該当ロットは? 自主回収する製品は以下になります。 このような記事も書いています。

沢井・東和 エダラボンなど共和クリティケアの受託製造品を自主回収 環境モニタリング試験に不備

おさらい ゾレドロン酸点滴静注4mg/100mLバッグ「サノフィ」、アシクロビル点滴静注液250mgバッグ100mL「アイロム」、シプロキサン注200mg、シプロキサン注400mgの自主回収に関して書かせて頂きました。 使用上の注意. 採算が合わない薬はどんどん販売中止になっています。

20

共和クリティケアの受託製造品で相次ぐ自主回収 エーザイ、ケミファ、第一三共エスファ等複数社に拡大

特に輸液関係に強い。 - となった株式会社アイロム(SMO事業大手)の完全持分化後に、それまでの「小林製薬工業株式会社」(呼称:小林薬工、こばやしやっこう)から社名を変更(株主には(サラダ油メーカー)などが参加)• ただ、自主回収の対象製品が約50品目に上るため、製造の完全な正常化には時間を要する見込みとしている。 - より用肝臓「」(発売: 2002年)の製造販売承認を承継• このロットには、共和薬品が親会社であった期間が含まれている。

4