Amazon S3 におけるエンドポイント

aws:sourceVpc 条件では、VPC リソースへの ARN は必要なく、VPC ID のみが必要です。 アクセスキーIDとシークレットアクセスキーが作成されました。

16

異なる AWS アカウントの S3 バケットに Lambda からエンドポイント経由でアクセスする【エンジニアブログより】

下記コマンドを打つと中身が分かります。 CodeDeploy エンドポイントポリシーでは、Amazon S3 へのフルアクセス、または CodeDeploy のデプロイ用に作成した S3 バケットへのアクセスを許可する必要があります。

4

【メモ】VPCエンドポイントについて

そう、何事も調べることが大事。

4

AWS Pinpointでエンドポイント一覧をS3にエクスポートする方法

VPCの選択とPolicyの入力 VPC Endpointを選択したら、Endpointを作成するVPCと、Policyを入力します。

1

S3 VPCエンドポイントを利用するメリット

ですので、例えば というドメイン名(「REST API エンドポイント」 は普通に HTTPS アクセス可能です。 PrivateLink型(Interface型)のVPCエンドポイント PrivateLink型のVPCエンドポイントは主に以下のAWSサービスをサポートしています。 「ウェブサイトエンドポイント」を構成しても、デフォルトのドメイン名(「APIエンドポイント」)を使ったURLは、そのままアクセスできます。

13

【メモ】VPCエンドポイントについて

そのため、公開するサービスがあるサブネット上にNLBを配置して、このNLBを通して相互に通信が可能になります。 IAMポリシーは「デフォルト拒否」の動作となるため、実質的にこのバケットにアクセスできるのは、IAMロールを付与されたEC2のみとなる ただし、これは、S3バケットへアクセスするEC2内で動作するアプリケーション "aws cli"など がIAMロールに対応している場合に限ります。

1

S3 VPCエンドポイント設定前と設定後を確認

これにより、PublicIPを持たず外部接続ができないプライベートなインスタンスからS3へアクセスすることが可能となりました。 代わりに、バケットポリシーを使用して特定のエンドポイントまたは特定の VPC へのアクセスを制限するか、ルートテーブルを使用して、エンドポイント経由で Amazon S3 のリソースにアクセスできるインスタンスを制御できます。 そこで、エンドポイントと呼ばれるコンポーネントをVPCにアタッチして、S3との通信ができるように設定する必要があります。

11

VPCエンドポイント構成でS3バケットへのアクセスを制限するには?

Amazon SQA 上記で紹介したものは一部は他にもたくさんのAWSサービスをサポートしています。 「エンドポイントの作成」にて サービスカテゴリとして「AWSサービス」 サービス名「com. Bucket 'examplebucket' for object in bucket. 詳細については、「」を参照してください。

3

AWS Pinpointでエンドポイント一覧をS3にエクスポートする方法

たとえば、リージョン "packages. その中でもAmazon S3は99. エンドポイントポリシーで Amazon S3 へのフルアクセスを許可し、これらのサービスが引き続き正しく動作できるようにします。 S3 接続問題がある VPC サブネットに関連付けられているルートテーブルを選択します。 または、接続の障害後に、ソフトウェアが Amazon S3 に自動的に再接続できることをテストするようお勧めします。

16