どっちを先に観るべきか?『12人の優しい日本人』&『十二人の怒れる男』(2013

(引用元:Wikipedia|) この映画は、推理やトリックが特別優れているわけではありません。 たった一人の陪審員が他の11名を説得してしまうという話は、実際にはとても例外的( i. こういうのは生の舞台でしか味わえない感覚だなあと またこうやって観劇できる喜びを噛みしめました。 陪審員#9は、女性証人の鼻に眼鏡の跡を一人だけ気が付く。

19

12人の怒れる男たち

多数に従わせる圧力は強いものである。 机と椅子だけの空間で、徐々に出てくるセリフから 場面を想像しつつ、十二人のやり取りを楽しんだ。 詳細は下記のボタンをクリックしてください。

【感想】舞台『十二人の怒れる男』これまで観たストプレでNo.1かも

クローズアップは、その登場人物が 心理的に孤立している心情 を描く作用がある。

2

12人の怒れる男たち

お客様からの拍手がこんなにも力強く、作品へ、そして演劇の未来にも込められての拍手だったと僕にはそう感じました。 しかし、ある一人の陪審員はそこに疑問を投げかけます。

1

法律映画12人の怒れる男 研究十二人の怒れる男 裁判員 法と映画研究

石丸幹二さんは正面。

1

法律映画12人の怒れる男 研究十二人の怒れる男 裁判員 法と映画研究

全員一致制の方が、人々は もっと徹底的に議論して、もっと敵対的ではなくなり、 参加者は結果にもっと納得し、場合によっては少数派が多数派を説得する場合もあるという社会科学的研究結果も忘れられているのだ。 革新の過程において少数派は, 問題となる事象に対する新しい見方を導入して既存の価値に揺さぶりをかけ, 自明とされてきたものに疑義を突きつけ集団内一貫性を混乱させて集団内葛藤を生み出します。 どっちがいいのかって? それが難しいんですよねえ. SeePapke, 12 Angry Men Is Not an Archetype , infra, at 745. 今の視点から観ても興味深い題材ですが、 公開当時はことさら新鮮だったことでしょう。

16