南太平洋海戦で、航空機搭乗員戦死は日本148名、アメリカ39名と大差が...

第一海域• 米艦も駆逐艦『ダンカン』を失いますが、その他の艦船では損傷はしますが沈没艦は在りませんでした。 十一航艦司令長官は中将で、軍隊区分においては南東方面部隊指揮官となり、外南洋部隊を指揮する。 日本側3隻は ()を突っ切ってゼインまで5カイリに接近したところで砲撃を開始し、ゼインに命中弾1発を与えるが主任務であるアメリカ軍陣地砲撃との兼ね合いからそれ以上の追撃はできなかった。

9

村田重治

最後の攻撃隊は、午後1時33分に『隼鷹』から発進した第6次攻撃隊(零戦6機、九九艦爆4機)で、漂流中の『ホーネット』に250kg爆弾1発を命中させています。 C13072095700• ボスマスは基地航空隊込みで、拮抗になることを想定しています。

20

南太平洋海戦

Oマス等の警戒陣が厄介なので、 必須ではないですが出したい所。 10月23-25日にかけて、日本陸軍はガダルカナル島で総攻撃を行うが、 猖獗 ( しょうけつ )を極めるジャングルでの行軍で将兵は消耗して部隊間の連絡も途切れがちとなり 、さらに重装備を持たない戦闘のため苦戦を強いられる。 また機動部隊の前方に囮として前衛部隊(戦艦〈比叡、霧島〉、重巡洋艦〈鈴谷、利根、筑摩〉、第十戦隊の軽巡洋艦と駆逐艦)を横に並べたため、筑摩の大破と引き換えに後方の空母への被弾を抑えることができた。

6

【梅雨夏イベ】E7 ギミック1(第二ボス出現) 決戦!南太平洋海戦【島嶼防衛強化作戦】 | ぜかましねっと艦これ!

するとある参謀が「敵と距離をとることは、むしろ敵をアウトレンジするのに有利」と進言し、その消極的な姿勢で宇垣参謀長を激怒させている。

1

【1942年 南太平洋海戦】 米空母の撃破。しかし失ったモノは大きく…。

特に隊や隊の損害が大きく、翔鶴飛行隊長少佐 (戦死後大佐) をはじめとする以来のベテラン搭乗員を多数失い 、爾後の作戦に影響を与えた (下記損害参照)。 エスピリサント島 大型機83、小型機26• 撤退する敵艦隊を追撃する第二艦隊は、敵方に進出せよとの命令に従わずに北西に退避する第三艦隊前衛を再三の進撃命令でようやく進撃させ、追撃を続けたが結局捉える事が出来たのは航行不能となって総員退艦となり、処分の為に駆逐艦、が魚雷三本を命中させ、更に300発余りの砲弾を使ったにも関わらず左舷に45度ばかり傾斜し炎に包まれ誘爆を繰り返しながらも沈まなかったホーネットのみであった。 各艦を攻撃したB-17はから、カタリナ飛行艇はなどから飛来しており、爆撃・雷撃を実施するとともに日本艦隊の位置を通報している。

【1942年 南太平洋海戦】 米空母の撃破。しかし失ったモノは大きく…。

しかし、前衛艦隊に選ばれた艦の艦長達からは、自分達を矢面にする気ではないかと不満を持たれたという。 再建を目指した航空部隊は、()、、、等ですり潰され、この後終戦まで二度と同規模・同水準の部隊となることはなかった。 ありがとうございます。

9