「相続順位」の定義と代表的な3つのパターン&簡単判定フローチャートに関する記事一覧

他の家に養子に出た人がいる場合• このとき、夫と長男の妻 嫁 には血縁関係がないので、相続権はありません。

5

相続権、親の次は兄弟姉妹?祖父母は相続人となる?

子・親・兄弟姉妹の間では相続権の順位が決まっている 「子」「親」「兄弟姉妹」も相続人になれますが、相続人になる順位が決まっています。 このような場合には 「相続財産管理人」が選任され、相続人や債権者の捜索が行われた後に誰も現れなければ遺産は国に帰属します。 相続放棄をすると、借金も資産も相続しません。

17

甥・姪の相続

(ただし、具体的な状況に応じて判断する必要がありますから、専門家のアドバイスを受けるようにしてください) 誰がどれだけの遺産を受け取れる?(相続割合の問題) ここまでは、「誰が相続人となる権利を持つのか?」の問題(相続順位の問題)について解説いたしました。 第三順位:兄弟姉妹 なお、直系とは血縁関係があること、卑属とは自分よりも下の世代、尊属とは自分よりも上の世代を指す用語です。 そこで、相続人となる人の中で相続放棄した人がいたら、法定相続人の順位は次の順位の人に繰り越すことになります。

19

相続の順位について詳しい解説

配偶者の相続分は、相続人の組み合わせによって異なります。 養子は法律上、正真正銘の子供として取り扱われます。 また、相続税の計算は、法定相続人の人数に基づいて計算します。

「相続順位」の定義と代表的な3つのパターン&簡単判定フローチャートに関する記事一覧

被相続人より親が先に亡くなっていたケース このケースでは祖父母が相続人になります 被相続人より親が先に亡くなっていたケースで、祖父母が生きている場合には、祖父母が相続人になります。

9

相続の順位について詳しい解説

内縁の妻や内縁の夫は、配偶者でないので相続権はありません。