十和田観光電鉄|バス時刻表やバス停検索|路線バス情報

29分• その後、同年10月30日には新たな再開発構想が浮上し 、十鉄の親会社であった国際興業が新たな開発業者として()と交渉し土地と建物の売却契約を結ばれて同社に譲渡された。 十和田 - 線• (昭和34年)• 蒸気機関車 [ ] いずれのもCのである。 駅機能は2階にある。

東北一豪華列車と謳われた車両が走った「十和田観光電鉄線」(青森県/三沢〜十和田市)|失われたローカル線(男の隠れ家デジタル)

2013年11月17日閲覧。 2012年1月24日に、十和田観光電鉄は()に対し、十和田市駅が4月以降使用不能になる(詳細は「」を参照)ことを理由とした休止届 及び採算性悪化や前記設備更新の費用調達困難を理由に2013年1月31日を以て廃線とする廃止届 を提出した。

12

十和田市中央から三沢駅[正面口] バス時刻表(十和田

「」担当営業所• 車両区は昭和60年(1985年)10月28日の十和田市駅の移転後、昭和61年(1986年)12月に、それまで十和田市駅構内にあったものを移設したものである。 車両 [ ] 7200・7700系導入以前の十和田観光電鉄の車両形式番号は、は自社発注車は木造車に1400番台を、鋼製車に2400番台を充て新造順に1000番刻みで付番している。

20

十和田観光電鉄株式会社|東北エリア内の交通

(元年)• 4月1日 全線廃止。 なお、この地域周辺には「大曲」という地名は存在したことはない。 (平成23年)• - 鉄道線がによる被災で全線で運休。

15

元町東のバス時刻表とバス停地図|十和田観光電鉄|路線バス情報

2016年3月26日 - 十和田市駅バス停を廃止。 これによって、に本社を置き北東北でプラザホテル山麓荘グループを運営する 、秋田共栄観光が「まかど温泉ホテル」のスポンサーとなり、1月、商号を「まかど観光ホテル」に改め、営業を始めた。

12

十和田観光電鉄線

十和田観光電鉄 十和田-三沢線(電車代替バス) 三沢駅[正面口]行• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 みさわ観光バス 高速バス [ ]• この節のが望まれています。 無人駅での集札は1両目の運転士席から近い進行方向一番前の出口でを用いて行う。

13

十和田観光電鉄 乗合バス時刻表 十和田~三沢線(鉄道代替バス)

関連項目 [ ]• 11日に2012年3月末での廃線を発表。 (昭和60年)10月28日 十和田市駅が旧駅から併設の新駅に切り替えられ 、ひがし野団地 - 十和田市間で0. - この日をもって七戸十和田駅 - むつ間の直通特急バスの運行を終了。 上記の他、朝の沿線高校通学時には、通学便(七百バイパス経由)が運行される。

十和田観光電鉄株式会社|東北エリア内の交通

しかし、青森県立三本木農業高等学校が駅前にあるため、十和田観光電鉄では三沢駅、十和田市駅につぐ乗降客を誇っていた。 をもって閉鎖。 2012年(平成24年)4月1日付けで廃線となった。

廃線探索 十和田観光電鉄線(歩鉄の達人)

全列車が三沢駅-十和田市駅間の運転で、途中駅を始発・終着とする列車はなかった。 4月1日 - 通年、宇樽部バイパス経由となる(「瞰湖台」バス停廃止)。

8